エビネランエキス 育毛剤

エビネランエキスが入った育毛剤の魅力に迫る!

MENU

エビネランエキスが入った育毛剤の魅力に迫る!

いくぞう

 

このページでは、育毛剤によく配合されているエビネランエキスについて解説しています。

 

あまり聞き馴染みのないエキスかもしれませんが、日本で販売されている育毛剤のいくつかには、エビネランエキスが配合されています。
どんな作用を髪に与えるのか詳しく紹介しているので、気になる人はチェックしてみてください。

 

特に、女性の人は必見です!


エビネランエキスって何?

エビネというのは、植物の名前でランカのエビネ属に属する多年草です。
日本でもよく見かける植物で、全国津々浦々生育されています。

 

ピンク色っぽい花が特徴で、見た目がちょっとエビみたいなところから
「エビネ」と名付けられたと言われています。
確かに、花が横を向いて咲いていて、がく片と側花弁が褐色になっているので、
なんとなくエビっぽく見えます。

 

栽培が難しい植物というわけではありませんが、
ウイルス感染しやすい植物でもあるので、鉢栽培などで大事に育される植物です。

 

このエビネですが、成分を分析すると血行促進作用があることがわかり、
それ以来育毛剤に配合されることも目立ってきました。

 

エビネランエキスが与える作用とは

エビネランエキスが育毛剤として利用されるようになってきたのは、
日本薬学会で育毛効果があると伝えられたことが大きいかもしれません。

 

エビネから抽出したエキスには、「カラントサイド」と「グルコインディカン」
と呼ばれる成分が含まれていますが、これは毛母細胞に栄養を届けて
活性化してくれるものです。

 

その結果、髪の毛が太くなったり、コシが出る作用が生まれます。

 

毛根から太くしてくれるので、髪の細さが気になったり、
ボリューム不足が気になっている人に特に効果が期待できるものです。

 

また、抗炎症作用もあるので、アレルギー反応や痛みが出て、
体調を崩しやすい人でも気軽に使用できる成分です。

 

海外では、エビネランエキスを配合した漢方薬もあるようです。

 

つまり、体内に取り入れても副作用が生まれにくい成分として、
世界各国で利用されるような安全性の高い成分です。

 

エビネランエキスが配合された育毛剤は女性向けが多い?

エビネランエキスが配合されている育毛剤は、
日本のもので言うと、毛髪根マイレーベン、アップガード、花蘭咲、
豪などがあります。

 

これらは男性が利用することもできますが、
女性向けに作られている育毛剤も中にはあります。

 

特に、アップガードや花蘭咲は女性の利用者が多いです。

 

その要因として、男性の薄毛の場合、男性ホルモンと活性酸素が結びついた
ジヒドロテストステロンによって薄毛になることが多いんですが、
女性の場合は、血液循環が悪くなって毛細血管の流れが悪くなっていることが
主な薄毛の要因だからです。

 

そのため、エビネランエキスは性別に関係なく、血の巡りをよくする効果が期待できます。

 

そういった利便性のよさも確認されているので、
エビネランエキスを抽出した医薬品は、日本だけでなく
アメリカ、カナダ、オーストラリア、フランス、イタリア、スウェーデン、ドイツ、スペイン、
イギリス、韓国、中国、台湾といった世界各国でも使用されている信頼性の高い成分です。

 

女性の人でも安心して出来る育毛剤になっているので、
例えば夫婦で使うなど、幅広い人に利用可能な成分となっています。