頭皮 硬い

頭皮が硬い人はハゲやすい!?自分で治せるの?

MENU

頭皮が硬い人はハゲやすい!?自分で治せるの?

いくぞう

 

このページでは、頭皮が硬いとどんな影響があるのか解説しています。

 

頭皮が硬いと、将来薄毛になるだけでなく、肩こりが激しくなったり頭痛の原因になることもあります。「具体的にどれくらい硬いと危険なの?」と思う人は、日々の努力で改善できる方法も紹介しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。


頭皮が硬いとどんな影響が出てくる?

頭皮が硬いと、頭皮上の問題だけでなく体全体に影響が出る可能性があります。

 

頭皮が硬くなっているのは「血行状態が悪い」ことのあらわれなので、
筋肉痛、肩や腰のコリや張り、手足の冷え、頭痛、目の充血などが起きやすくなります。

 

そして、男性だと薄毛になってしまうリスクも出てきます。

重い病気につながるリスクも

また、血行不良がきっかけで、脳梗塞や心筋梗塞、脳いっ血など
重い病気の危険性も将来的に考えられます。

 

つまり、「頭皮が硬いからダメ」というより、
体の細部までしっかり血液が循環されていないことが最大の問題点です。

 

人間の体は、臓器など生きるのに重要な部位から血液が送られていくので、
手足の毛細血管の血液はとどこおりやすく、頭皮の硬直はその最初の合図と考えられます。

 

頭皮の硬さをチェックしよう!

一言で「硬い」といってもいろんなとらえ方があるので、簡単にできるチェック方法を紹介します。

頭皮は動く?

まず、複数の指を頭皮に固定して、指を動かします。

 

頭皮が柔軟に動くなら固まっていない証拠、
頭皮がほとんど動かないなら固まっている可能性が高いです。

温度を感じる?

そして、指の腹で頭皮の温度を確かめます。

 

ぬくもりを感じるなら十分に血液循環されているので心配ないですが、
ほっぺたなど顔のほかの部位と比べて温度が低い場合は危険信号と言えます。

 

頭皮の硬さを解消するには

文中で紹介しているように、頭皮の硬さは頭皮上だけの問題ではなく、血液循環全体の問題です。

 

睡眠不足や不規則な食生活を送ってしまうと、
それが巡って頭皮の毛細血管の流れに影響が出てきます。

 

頭皮マッサージを毎日すれば、血行を改善したり頭皮の柔軟性を取り戻すことができますが、
100%根本的な解決になるわけではありません。

 

つまり、生活習慣全体から改善していかないと、長期的な頭皮の硬さを解消するのは難しいです。

 

「毎日同じ時間に寝て、最低6時間以上は寝る」「できるだけストレスのない生活を意識する」
「野菜や果物を意識して食べて、ミネラルやビタミンをたくさん摂取する」
などのいろいろな要素が重なり合うことで、頭皮の硬さが本当の意味で改善されていきます。

 

わかってるけど当たり前にできれば苦労しないよ、、という人はプランテルサプリがおすすめです。育毛に欠かせない精鋭の成分がギュ〜ッ!とまとまったストレス社会でたたかう不規則生活さんのスペシャルサポーターです!

 

生活習慣一つで頭皮は硬くなる

繰り返しになりますが、

頭皮が硬くなるのは、毛細血管に血行不良が起こっていることが原因です。

 

血液循環が良いと、毛細血管周辺にある表皮も新陳代謝が活性化するので弾力を持てますが、
逆に血行不良だと、表皮の上部にある角質まで硬くなって、触ったときに硬さを感じてしまいます。

具体的に言うと

血行不良を起こして頭皮が硬くなりがちな人には、主に下記の原因があげられます。

  • 運動不足
  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • シャンプーの洗い残し
  • 同じ体勢のまま長時間過ごしている
  • 栄養素が不足がち(ビタミンやミネラル)

 

特に高齢になるほど、筋肉が固まって血行が悪くなりやすい傾向があります。

 

定期的に体を動かして、毛細血管だけでなく大動脈など
「体全体」の血液循環を意識することが改善のポイントになってきます。

 

育毛剤で改善するならブブカです!ガチガチ頭皮をふわふわ頭皮に戻すスペシャリストで、いくぞうが知る限り頭皮の弾力アップに着目しているのはブブカのみです!