白髪染めと育毛剤 併用

白髪染めと育毛剤の併用、どこよりも詳しく紹介!

MENU

白髪染めと育毛剤の併用、どこよりも詳しく紹介!

いくぞう

 

このページでは、白髪染めと育毛剤の併用について紹介しています。

 

白髪染めと育毛剤は特に相性が悪いわけではなく、併用しても問題ないと言われていますが、中には注意が必要な成分を含んだ白髪染めもあります。白髪染めと育毛剤の作用について詳しく分析し、併用の影響はあるのかどうかについて解説しているので、参考にしてもらえると嬉しいです!


白髪染めなら併用OK、なぜ?

白髪染めの説明書や関連サイトを見てみると、
「育毛剤と併用しても構いません」というような説明が多いです。

 

ただ、具体的に育毛剤と白髪染めの成分について
こと細かに解説しているものはほとんど見当たりません。

 

カラーリングでは「育毛剤との併用は控えてください」という意見がある中、
白髪染めだと安全と言われても、何だかちょっと納得できません。

相性を決めるのは過酸化水素水の有無

白髪染めに配合されているのは「永久染毛剤」と言われるもので、
成分には酸化染料が含まれていて、髪を黒くしていきます。

 

一方、カラーリングのときは、脱色剤として過酸化水素水が配合されているときがあります。

 

過酸化水素水とは毒性が強いものではないのですが、
頭皮に触れると痛みが走ったり、皮膚がかぶれることがあります。

 

これが、カラーリング剤と育毛剤の相性が悪いと言われる理由です。

 

白髪染めでは過酸化水素水が含まれていないものがあることから、
育毛剤と併用しても問題ないという見解が広がっています。

一般的な白髪染めなら安心

有名なところでは、ドクターシーラボの白髪染めは脱色剤を含まず
過酸化水素水も配合されていないので、安全性が高く人気があります。

 

ですが、ドクターシーラボさんの商品に限らず、
白髪染めにはあまり過酸化水素水が配合されていないのが一般的です。

 

ブリーチなど脱色したい人向けのヘアカラーリング剤に過酸化水素水が多いというのが現状です。

 

育毛剤の成分とは

一方、育毛剤には頭皮を刺激するようなものはほとんど配合されていません。

 

血管拡張効果がある育毛剤だと、少し頭皮に痛みやかゆみを生じるケースはありますが、
血行促進作用や抗炎作用があるものに関しては、ヘアカラーリング剤のような刺激はありません。

 

安心して使用することができるので、育毛剤によって頭皮が悪化するということは考えにくいです。

 

ちなみに、血管拡張作用を与えるものはミノキシジルという成分です。

 

ミノキシジルが配合された育毛剤は日本ではリアップしかないので、
それ以外の育毛剤なら頭皮が紅潮したり赤く腫れ上がるということはまずないです。

 

白髪染めと育毛剤の併用について

白髪染めに過酸化水素水が配合されているか、あるいはアルカリ度合が強いかどうかによって、
育毛剤に与える影響も変わってくると考えられます。

 

白髪染めの説明書で「育毛剤との併用も可能」と言っているものは、
限りなく弱アルカリ性に近い成分と言えます。

 

人間の髪の毛や体は弱酸性に保たれていて、アルカリ性には拒絶反応を示してしまいます。

 

アルカリ性が強いヘアカラー剤や白髪染めと育毛剤を併用してしまうと、
成分が酸化したり化学反応を起こしてしまう可能性があるため、頭皮への悪影響が考えられます。

タイミングさえ誤らなければ大丈夫

ただ、極端な話、同じ時間帯に同時に使用しない限りは問題ないと言えます。

 

例えば、白髪染めを使った次の日に育毛剤を使うという順序であれば、
頭皮に与える悪影響は限りなく低くなります。

 

むしろほどよく間隔をあけることで、白髪染めを使った後に傷みやすくなっている
キューティクルの補修に、育毛剤がいい作用を与える可能性があります。

 

なので、「育毛剤を使った後に白髪染めを使う」のではなく、
「白髪染めを使ってから育毛剤」という順番がいい影響を与えてくれると考えられます。

 

ただ、白髪染めの染料がしっかりと髪の毛に伝わるには、
ある程度時間をかける必要があります。

 

そのため、すぐにシャンプーをしたり育毛剤をつけてしまうのは、
あまり効果的ではないので注意が必要です。