いくぞうオススメ育毛剤ランキング

いくぞう一押し育毛剤ランキング - 育毛名人

MENU

いくぞう一押し育毛剤ランキング

いくぞう

 

このページは、いくぞうの独断と偏見で順位付けしたおすすめの育毛剤をランキング形式で紹介しています。

 

さらに、普通の人が見ることのない会社の施策や方針データなどにも目を通し、そこから想定できる将来性や期待度も加味しています。

 

いくぞうの個人的なランキングなので、すべての人にピッタリ合う順位とは言えないかもしれないですが、『相棒と呼んでもいいくらい頼りになる育毛剤はどれ?』という視点で作成してみたので参考にしてもらえたら嬉しいです!


育毛剤名

強みを一言で

1

THE SCALP 5.0C ローエタノール・キャピキシル入りで優しさと力強さをあわせもつMr.パーフェクト

2

Persona(ペルソナ) 遺伝子検査でオーダーメイド育毛剤が手に入る斬新さが話題

3

M-1育毛ミスト ノンアルコール・化学薬品不使用の無添加オーガニック。雑誌掲載実績多数、TV通販ではデビュー当日にヒット商品入り

4

バイタルウェーブ キャピキシル入りの育毛剤で最安値。「難治性脱毛症の駆け込み寺」の医師監修

5

BOSTONスカルプエッセンス 医学雑誌に掲載された、刺激フリーな育毛剤。キャピキシル・ピディオキシジル入りで太っ腹な半年間の返金保証

6

薬用ナノインパクト100 100年培ったナノ技術で攻める斬新な育毛剤。国家プロジェクトで開発スタートし、日本のみならずアジア市場にも進出

7

チャップアップ(CHAP UP) 知名度はさながらケタ違いの顧客サポート力で購入後も安心。大胆な永久返金保証も自信の証拠

8

イクオス(IQOS) 使う人を選ばないオールラウンダー。営業・メルマガなしの潔い姿勢も◎

9

ブブカ(BUBKA) アルコール大幅カットの希少アイテム。「止めても勧誘しません」という距離感も安心

10

Deeper3D キャピキシル・リデンシル配合。ピンクの液体はヘビースモーカーに嬉しい工夫が隠されている証

11

MSTT1 頭頂部ハゲ対策のプロ。お酒好き、頭皮のニオイに悩む人のも嬉しい手助けワザも注目

12

薬用プランテル 製薬会社とタッグを組むM字ハゲの救世主

13

フィンジア(FINJIA) キャピキシル・ピディオキシジル配合。カプサイシンの力で頭皮が硬い人も安心の工夫あり

14

HG-101 いくぞう調べ最安値の1ヶ月あたり2,750円。自社商品・植物活力液を応用して健やかな育毛をサポート

15

薬用オメガプロ 珍しいジェルタイプ。和漢成分で優しいのに育毛力は厚労省お墨付き。初回500円で始められるチャンスも魅力

16

薬用ポリピュアEX 5年連続モンドセレクション金賞受賞

THE SCALP 5.0Cについて

THE SCALP 5.0C(スカルプ)

ローエタノールでキャピキシルが入った鬼に金棒な存在で、「低刺激だと効果落ちる?」という不安をぬぐいさってくれます。

 

キャピキシルはミノキシジルのいいとこどりをしたような成分で、ミノキシジル3倍の効果があると大注目なのに、天然草からの抽出エキスがベースなので人体に及ぶ副作用がないムチャクチャ理想的な成分です。

もともと女性用化粧品を手がける会社がつくっているので、デリケートで繊細な女性の肌に精通している、つまり肌への優しさのプロ中のプロです。頭皮が荒れやすい人も安心して使えるのでおすすめです!

 

THE SCALP 5.0Cの詳細情報はコチラです

Persona(ペルソナ)について

Persona(ペルソナ)

僕らが気になって夜も眠れない(涙)、「男性ホルモン由来の薄毛なの?」「髪が細い家系なのかも」「頭皮トラブルのせい?」を遺伝子検査で明らかにして、その特徴にあったオーダーメイド育毛剤が手に入ります。

 

ピンポイントに攻められるので、入試テストで言えば答えを知ってる状態で解答できるのと同じような頼もしさがあり、自分の体質というこれ以上正解のない根拠がベースなので、「育毛剤なんて効果ないでしょ」という人も信頼できるパートナーとしておすすめです!

ちなみに、遺伝子検査代(24,800円)は定期購入に含まれています。検査代がかからないのも嬉しく、検査も口内をくるくる→ポスト投函で終わりなので、痛みもなく楽ちんです!

 

Persona(ペルソナ)の詳細情報はコチラ

ナノインパクト100について

薬用ナノインパクト100

ホソカワミクロン(販売元の親会社)創業100周年を機にリニューアルし、アジア進出も決めたワールドワイドな育毛剤です。成分を「確実に」届けることに力を入れていて、100年培ったナノ技術で攻める斬新さが特徴です。

 

このナノ技術がとにかくハンパなくて、そのスゴさは業界人が「世界ナンバーワンと言えばホソカワミクロンさんでしょ!」と口をそろえるだけでなく、同じ粉体ビジネスの大御所日清製粉グループも認める技術力で、実際に業務提携してホソカワミクロンのワザを借りています。

一つだけ弱点をあげるなら、これだけの実力がありながら「ザ・王道」の育毛剤まであと一歩なところですが、いくぞうは現状をひっくり返すのは難しくないと思っています。もともと技術を「磨く」会社なので育毛剤事業では駆け出しですが、知名度さえあがればとんでもないビッグスターになる、、!と目をつけています。

 

ナノインパクト100の詳細情報はコチラ