キャピキシル 効果

キャピキシルの効果は嘘?根拠がグレーでも逸材なワケ

MENU

キャピキシルの効果は嘘?根拠がグレーでも逸材なワケ

いくぞう

 

このページでは、キャピキシルの効果を徹底解剖しています。

 

「ミノキシジルの時代は終わった?!」と話題の新しい育毛成分ですが、理想的すぎて「本当に効果があるの?」「嘘ばかりなんじゃない?」ともウワサされています。

 

真相に迫る情報をまとめたので、参考にしてもらえると嬉しいです!


「ミノキシジルの3倍」は何を根拠に言っている?

キャピキシルのキャッチコピーに「ミノキシジルの3倍の効果がある」というフレーズがあります。

 

ただ、その効果は「成長力が3倍」と言っているだけで、
具体的に発毛する本数が3倍になるのか、髪の毛が伸びるスピードが3倍になるのか、
髪の毛の太さが3倍になるのかなど明確な記述はありません。

 

キャピキシルを最初に取り入れて販売したのは、
カナダの化粧品メーカー「ルーカスマイヤーコスメティクス社」です。

 

販売元によると、

 

キャピキシルの成分となるアセチルテトラペプチドー3を添加した場合、
ミノキシジルに比べて「約3倍もの成長期の髪が増えた」

 

と発表しています。

 

この実験データを裏付けに、各メーカーは
「キャピキシルにはミノキシジル3倍の効果がある!」と言っているわけです。

 

ただ、実験は人間の頭皮ではなく、培養された細胞を用いたようです。

 

いくぞうが外国語ちんぷんかんぷんで資料を読み切れていない可能性もありますが(汗)、
頭皮で検証されていない以上、成分が本当に有効なのかイマイチ確証がありません。

 

それに、「発毛した」という表現でもないので、
もともと髪がない人の発毛効果が増強されるかどうかは未知数です。

 

それでもメリットがあるのは事実

「キャピキシルの効果って、嘘だったの?!」とだまされた感がある人もいるかもしれません。

 

でも、育毛業界で脚光を浴びているには理由があって、デメリットもあればメリットもあります。

 

キャピキシルの特徴を、メリットとデメリットにわけて考えてみます。

デメリット
  • 「ミノキシジル3倍の効果」は謎
  • 価格が高い

 

人間の頭皮でデータをとらない限り、
本当にミノキシジル以上の効果が得られるかはグレーゾーンです。

 

頭皮も細かくわけて考えれば「細胞」にはなりますが、
実際に育毛剤を塗る場所で検証してもらわないと、信ぴょう性にうなずけません。

 

それと、一般的な育毛剤に比べて、キャピキシル入りの育毛剤はムチャクチャ高いです。

 

詳しい理由は後半でもふれますが、

キャピキシルは作るのにかなり手間がかかる成分で、その分費用も上乗せになります。

 

ある種、キャピキシルは高級成分とも言えるので、
キャピキシル入りの育毛剤は、ある程度の金額を覚悟しておいたほうがいいです。

メリット
  • 効果があるのは確か
  • 副作用の心配がない

 

勘違いに気をつけたいのが、キャピキシルは効果が低いわけではないということです。

 

キャピキシル以外にも、育毛剤に使われる天然成分はいろいろありますが、

検証対象がイマイチだとしても、天然成分でここまでデータがとれているのは一握りです。

 

海藻みたいに「なんとなく髪によさそう」というイメージだけの天然成分はいくらでもありますが、
それこそ育毛効果があるかは定かではありません(汗

 

ミノキシジルの3倍はグレーだとしても、効果に期待できるのは事実です。

 

そして、副作用のリスクのなさは、キャピキシル最大の強みと言えます。

 

天然由来成分とタンパク質で構成されているので、
コテコテの化学成分でできたものとは違い、安全性はムチャクチャ高いです。

 

実際、ミノキシジルの副作用にこりてキャピキシルに移行する人も少なくなく、
「本当に副作用がない!」という多くの口コミから、安全面に太鼓判が押されています。

いくぞうの見解

ぶっちゃけ、医学的データの観点で言えば、頼もしいのはミノキシジルの育毛剤です。
(男性型脱毛症ガイドラインでも、ミノキシジルには最高評価の推奨度Aがついています)

 

成分

効果

価格

信ぴょう性

副作用

ミノキシジル

×

キャピキシル

×

 

ただ、ミノキシジルのほうが信頼性は高いですが、安全性が高いのはキャピキシルです。

 

いくら効果が高くても、背負うリスクが大きければ本末転倒なので、
安全面の保証が強いキャピキシルに軍配が上がるのかな、といくぞうは考えています。

 

頭皮の実験データがないのが気に入らないですが、
医学的検証が行われているミノキシジルを引き合いに出して
「それ以上の効果があります!」と発表するのは、それなりに自信がないと言えません。

 

キャピキシルの商品が年々登場している現状からも、口コミや現場の「生の声」を通じて、
キャピキシルの実力を認める会社が増えてきているとも推測できます。

 

「痛手を負ってでもミノキシジルがいいんだ!」という人にゴリ押しはしないですが、
手堅くケアしようという人にはぴったりな成分だといくぞうは思います。

 

キャピキシルはどうして安全なの?

キャピキシルは、主に二つの成分を合わせて作られています。

 

一言でいうと、天然由来成分とタンパク質で構成されたのが、キャピキシルです。

 

天然由来は安心の類義語のようなもの、タンパク質は僕らの身体そのもので、
名前を見るだけで「体に優しい!」とわかるコラボレーションです。

 

アカツメクサ花エキス

(植物)

5αリダクターゼ(AGA原因物質を生む)を抑制→抜け毛を防ぐ

アセチルテトラペプチドー3

(成長因子)

毛母細胞(分裂して髪の毛になる)を活性→育毛に貢献

※成長因子…体内で作られるタンパク質の一種

 

それぞれの成分について、詳しく説明していきます。

アカツメクサ花エキス

名前の通り「植物」です。

 

アカツメクサ花

 

厳密に言うと、アカツメクサそのものというより、
花から抽出される「ビオカニンA」という成分がメインです。

 

「ビオカニンA」というと化学成分のような雰囲気になるので、
天然由来が主張できるように、あえて「アカツメクサ花エキス」と呼んでいるのかもしれません。

 

薄毛の原因物質「ジヒドロテストステロン」を生み出す「5αリダクターゼ」の阻害が役割です。

 

 

薄毛と遺伝のメカニズム

 

 

5αリダクターゼの阻害で有名なのはフィナステリド(商品名:プロペシア)ですが、
飲み薬であること、副作用の心配でどうしても抵抗感がぬぐえない、という人が少なくないです。

 

育毛剤なら内服薬と違って体内に入れずにすむので、プロペシアを避けたい人とも相性◎です。

アセチルテトラペプチドー3

ちょっと聞き慣れない名前ですが、それもそのはずで、今までの育毛剤にはなかった成分です。

 

というのも、アセチルテトラペプチドー3は「成長因子」なのですが、
作り出すのがちょっと難しく、ぶっちゃけお金をかけないと作れない成分です(汗

 

「植物や果物のエキスを絞って終わり!」ならいいのですが、
アミノ酸を人工的に集めて構成するので、手間がかかる分お金もかかる、というわけです。

 

アセチルテトラペプチドー3には細胞を修復する作用があるので、
頭皮に塗ると頭皮の細胞を元気にしてくれます。

 

つまり、「毛母細胞」を活性化してくれるのが役割です。

 

髪の毛は、

 

  • 毛乳頭が「髪の毛をつくって!」と毛母細胞に指示
  • 毛母細胞が分裂、髪となって成長していく

 

こういう流れで作られるので、毛母細胞が元気でいることはムチャクチャ重要です。

 

毛乳頭と毛母細胞

 

 

また、毛母細胞が刺激されて活発に活動することで、毛細血管の動きもよくなります。

 

髪の毛を育てる栄養素は、血液に乗って運ばれます。

 

血行がいいと発毛部分にしっかり栄養素が送られるので、薄毛改善ルートの確保にも活躍します。

 

キャピキシル入り育毛剤は通販がお得

日本で売っているキャピキシル入りの育毛剤は、Deeper3Dが有名です。

 

どこよりも先駆けて販売したので、知名度の高さが光っています。

 

ほかにも、フィンジアTHE SCALP 5.0Cにもキャピキシルが配合されています。

 

ただ、ネックになるのは価格帯で、天然成分をそのまま抽出しているのではなく、
アミノ酸を結合するところから作成する必要があるので、ひと手間かかる分高額です。

 

一般的な育毛剤は5,000円〜8,000円程度が相場な中、
キャピキシル入りはうん万円単位なので、比べると後ずさりしたくなります(汗

 

ただ、星の数ほどある育毛剤で勝ち残るために、価格面で頑張るメーカーも出てきています。

 

コストを削り落とせる通販がスタイルの中心になりますが、
高級なキャピキシルを使った育毛剤がふつうの育毛剤と同等の価格帯で買えるので、
僕らにとってはかなりチャンスです。

 

以下、キャピキシル配合の育毛剤をピックアップして特徴をまとめたので、
比較の参考にしてもらえると嬉しいです!

 

育毛剤名

定期購入価格

返金保証

強みを一言で

THE SCALP 5.0C

10,000円

(初回4,980円)

60日間

ローエタノール・キャピキシル入りで優しさと実力をあわせもつMr.パーフェクト。女性用化粧品を手がける会社出身
バイタルウェーブ

8,200円スタート

(最大割引7,980円)

30日間

「難治性脱毛症の駆け込み寺」の医師監修、キャピキシル入り育毛剤で最安値

BOSTON
スカルプエッセンス

12,800円

(初回8,424円)

180日間

医学雑誌に掲載された、刺激フリーな育毛剤。ピディオキシジルも配合
Deeper3D

13,360円

14日間

「タバコでハゲる?」と心配する人に嬉しい工夫あり。リデンシルも配合
フィンジア(FINJIA)

9,980円

30日間

カプサイシンの力で頭皮が硬い人も安心。ピディオキシジルも配合

最安値はバイタルウェーブ

バイタルウェーブ

最大のネック「価格が高い」を克服すべく、品質を保ちながら価格をおさえることに大成功しています。

 

キャピキシル入り育毛剤の中では新商品なので、先輩商品に比べて知名度は劣りますが、皮膚科専門医がしっかり監修しているので、頼もしさはバツグンです!

 

バイタルウェーブの詳細情報はコチラ

 

関連ページ