薄毛 遺伝

薄毛遺伝子は大したことない?薄毛と遺伝のメカニズム全貌

MENU

薄毛遺伝子は大したことない?薄毛と遺伝のメカニズム全貌

いくぞう

 

このページでは、薄毛と遺伝の実態を明らかにしています。

 

薄毛と遺伝の関係性、検査方法、シンプルな対策など、不安や疑問がスッキリする情報を載せています。

 

薄毛遺伝子の実態を知ると、薄毛の家系でもそこまで身構える必要がないことがわかって肩の荷がおります!


そもそも薄毛は遺伝するの?

ハゲが遺伝するのではなく、薄毛遺伝子が受け継がれる、というのが真相です。

 

薄毛の家系だからといって100%ハゲるわけではなく、可能性を受け継いでいるだけで、
遺伝はあくまで「薄毛になりやすいかどうか」のバロメーターです。

 

しっかり対策の手はずを整えておけば、薄毛を防いだり、治る可能性は十分あります。

 

薄毛にかかわる遺伝子って?

今のところ2種類見つかっていて、「薄毛遺伝子」なんて呼ばれたりもします。

5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子
  • 両親から遺伝する
  • 5αリダクターゼの活性が高い=AGAの原因物質(ジヒドロテストステロン)が生まれやすい
アンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子
  • 母親からのみ遺伝する
  • 感受性が高いほどハゲやすい

 

遺伝と薄毛のメカニズム

言葉だけだとチンプンカンプンなので、図で関係性を説明すると、

 

薄毛と遺伝のメカニズム

 

 

一言で言えば、薄毛は父と母の両方から遺伝する、ということです(汗

 

ただ、両親から遺伝する「5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子」は、
ある成分でシャットダウン対策ができます(ページの途中で紹介します)。

 

問題は、母親から遺伝する「アンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子」です。

 

ジヒドロテストステロンが生まれても、
アンドロゲンレセプターの感度が低ければ薄毛になりづらいからです。

 

薄毛の遺伝を気にするときは母親、
もしくは母親の父(母方のおじいちゃん)をチェックすると将来が見えます。

 

補足説明をすると、母親の場合、薄毛遺伝子をもっていてもハゲないケースが目立ちます。女性は女性ホルモンを多くもっているので、男性ホルモンを抑制して抜け毛が起こりにくいからです。「俺のお母さんハゲてないよ?」という人は、同じ家系の男性、つまり母方のおじいちゃんで判断します。

 

遺伝子検査のやり方は二択

「アンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子」を調べる方法は、

 

  • クリニックで遺伝子検査を受ける
  • 検査キットを買う

 

いくぞうの考えを先に言わせてもらうと、

検査キットがベストな手段だと思っていて、誰にも干渉されない検査の手軽さは極上です(笑

 

それぞれのメリット・デメリットを比較すると、

クリニック

メリット

  • 専門機関なので安心
  • ドクターから直接アドバイスを受けられる

 

デメリット

  • クリニック訪問はハードルが高い
  • 余計な勧誘をされそうで億劫
検査キット

メリット

  • クリニックへ行かずに済む喜び
  • 自分のタイミングでできる気楽さ

 

デメリット

  • 病院に行くわけでもないのに高い
  • 郵送のみのやり取りで信ぴょう性に欠ける

 

 

「手軽さ抜きにしたらクリニックが圧勝じゃん!」という内容ですが、
いくぞうが知る検査キット「AGAドック」は、
クリニックで受けられるメリットもしっかりカバーしています。

至れり尽くせりな遺伝子検査キット

AGAドック

実は、遺伝子解析を行う会社は国内唯一なので、自宅で遺伝子検査をしようと思ったら、AGAドックを選ぶしか方法はないです。でも、「これしかないから仕方なく買った」じゃ乱暴なので、手軽さ以外のプラスアルファーを加えています。

 

「はい、これが結果です」でおわりではなく、アドバイスブック、さらに1年間のサポート体制、言ってしまえば相談相手がついてきます。「検査キットは人を介さない感じがして不安」という人も安心できる、ドクターのまごころが形になった検査キットです。

 

AGAドックの詳細情報はコチラです

育毛剤も検討している人は、遺伝子検査代込みのPersona(ペルソナ)がおすすめです。育毛剤は遺伝子検査をもとにつくります。

「5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子」攻略法

両親から遺伝する「5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子」に太刀打ちできる、
3つの手段を紹介します。

 

  • フィナステリド
  • ノコギリヤシ
  • オウゴンエキス

 

実は、テストステロンと5αリダクターゼを隔離する力をもっています。

 

そもそも、テストステロンと5αリダクターゼが結びつかなければ、
ジヒドロテストステロン(AGAの原因物質)は生まれません。

 

「じゃあ、こいつらをくっつけなければいいんだ!」と物理的に引き離してしまう作戦です。

 

隔離のイメージ

 

芸能人は、ドラマ共演などがきっかけで結婚することも多いですよね。

 

好きな芸能人がいて、いくぞうがもしディレクターだったら、
「この2人を出会わせないようにするんだ!」と共演NGにして恋愛発展を妨げます(笑

 

それと同じこと原理で、薄毛の要因を阻害する、というわけです。

 

遺伝は治らないに喝!好転可能の真実

遺伝が薄毛の原因なのは、間違いないです。

 

でも、「遺伝と生活環境、どっちが薄毛に影響あるの?」と聞かれたら、圧倒的に生活環境です。

 

遺伝が原因のAGAは25%程度と意外に少なく、
薄毛遺伝子を受け継いでいたとしても、対策次第で十分対応できる数字です。

 

AGAの三大要因

AGAの主な3つの原因

 

 

遺伝=みんなハゲるではなく、あくまで一つの要因に過ぎません。

 

遺伝子ですべてが決まるわけではなく、ぶっちゃけ生活習慣や不摂生のほうが大敵で、
健康な生活を目標にすれば、家系が薄毛でもハゲ脱却は可能です。

 

実際、生活習慣を整えてハゲ家系を脱出した人も少なくないです。
(自分の経験をもとに専門医になる人もいるくらいです)

 

「遺伝なら対策はムダ?諦めるしかないの?」と気落ちしそうな人に、
努力で将来を変えられることを声を大にして伝えたいです、、!

 

ベースが肝心!「医食同源」で薄毛対策

とは言っても、習慣を全部整えようと思ったら、キリがないです(汗

 

早寝早起き、適度な運動、十分な睡眠などをパーフェクトにできたら苦労しませんが、
そうはいかないのが現代社会の難しいところです。。

 

なので、身体づくりのベース「食生活」に特化した対策を紹介します。

 

「医食同源」という言葉があるように、
「食事に気をつける=病気を予防する最善策」という精神は、薄毛対策にも通じます。

 

どれだけ規則正しく生活しても、身体をつくる食事で土台作りが甘ければ高みは目指せないので、
一番大事な「基礎」にあたる食事をブラッシュアップします!

 

積極的に食べたい食品3選

薄毛対策に役立つ食品を、1日の必要摂取量と一緒に紹介します。

タンパク質

何と言っても、タンパク質は髪の毛の材料です。

 

「それならよく食べるけど?」と大したことない感じがしますが、

タンパク質は体内に貯蔵庫がないので、毎日コツコツ食べないといけません。

 

NGな食べ方は、まとめ食いです。

 

やみくもに量を食べればいいわけではなく、多すぎても尿として排泄されてしまうので、
こまめに食べるのがムダがないです。

 

1日の必要摂取量:60g

 

タンパク質が豊富な食品

亜鉛

亜鉛は、タンパク質のサポート役です。

 

タンパク質が仕事しやすい=髪の毛を作りやすいようにサポートするので、
亜鉛が足りないと育毛は上手にできません。

 

難しいのは、亜鉛が豊富な食材はマイナー揃いなことです。
(グラフは、なるべく身近な食べ物を厳選しています・汗)

 

身近な食品だと、必要摂取量のクリアは納豆マニア以外非現実的なので、
工夫が必要になる栄養素です。

 

1日の必要摂取量:10mg

 

亜鉛が豊富な食品

牡蠣侍

亜鉛サプリの強いニーズは、食べ物だけでの摂取の難しさが背景にあります。無理強いしませんが、目標達成にはサプリの併用に勝るものはないです。

 

いくぞうが信頼するのは牡蠣侍(かきさむらい)で、ありそうでなかった牡蠣の亜鉛パワーに特化した業界トップクラスの亜鉛含有量・18mgで勝負しています。

 

1袋5,980円と安くはないですが、食べ物と比べると1ヶ月の牡蠣代は約11,940円、納豆代は約10,000円で、意外と経済的です。

牡蠣侍の詳細情報はコチラです

豆乳

豆乳に豊富なイソフラボンは、女性ホルモンのそっくりさんです。

 

男性ホルモンを抑制してくれる働きがあって、5αリダクターゼの働きを阻害します。

 

テストステロンがジヒドロテストステロンに変わりづらい状態をつくってくれるので、

両親から遺伝する「5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子」が強い人は特におすすめです。

 

亜鉛とはちがって簡単に必要摂取量をクリアできるので、手軽で実践しやすいのも強みです。

 

1日の必要摂取量:40〜50mg

  • 無調整豆乳ならコップ3分の2杯分
  • 調整豆乳ならコップ1杯分
  • 豆乳飲料ならコップ2杯弱分

(豆乳の種類や違いは、こちらのページでくわしく説明しています)

 

薬剤治療はどうなの?

薄毛治療薬・プロペシアで対策を考える人もいると思います。

 

プロペシアは、クリニックに行けば大抵処方される薄毛治療薬の代表的存在です。

 

効果が期待できるデータもあるし、何より手っ取り早さが魅力と言えますが、
ちょっと懸念点があるのも事実です。

副作用の心配

実は、男性機能の低下が副作用として報告されています。

 

性欲が減退するだけならまだしも、射精障害や精子形態異常なんて話もあって、
字面を見る限り「飲みたくないな、、」と思ってしまう内容です。

 

命にかかわるわけではないので、見過ごせる人はオッケーですが、
これがネックで服用をためらう人は正直少なくないです。。

効き目に個人差がある

どんな薬にも言えることですが、プロペシアも効果は人それぞれです。

 

しかも、効きやすさにも遺伝が大きくかかわっていて、
プロペシアの効き具合は、すでに決まっているようなものです。

 

効き目の度合いもAGAドックで調べられるので、
無駄なお金とリスクを負う前の確認材料にもなります。

未成年・女性は飲めない

誰でも服用OKではなく、飲める人に制限があります。

 

20歳未満の安全性や有効性が確立されていなかったり、女性の服用も認められていません。

 

プロペシアの代わりとして、ノコギリヤシオウゴンエキスが注目されているので、
該当する人・副作用で薬を避けたい人は、代用の検討材料になります。

感謝の声が絶えない代用サプリ

プランテルサプリ

プロペシアに抵抗がある・そもそも飲めないという人は、プランテルサプリが代用アイテムとして名高いです。

 

ノコギリヤシを中心に調合した毛活サプリで、「プロペシアを飲まなくてよかった」と後悔せずにすんだ購入者もいます。

 

育毛剤で実績を出している会社で、通販商品でも信頼できる要素が強いのも魅力の一つです。

 

プランテルサプリの詳細情報はコチラ

 

関連ページ