育毛剤 スタイリング剤 併用

育毛剤とスタイリング剤は併用可?つける正しい順番は?

MENU

育毛剤とスタイリング剤は併用可?つける正しい順番は?

いくぞう

 

このページでは、育毛剤とスタイリング剤の併用について解説しています。

 

どっちを先につけるといいか、併用後に徹底したい事柄などをまとめています。


併用しても大丈夫?

結論から言うと、併用しないに越したことはないです。

 

とは言っても、スタイリング剤なしでセットするのは
「のりを使わず封筒を閉じろ!」と言われているようなものなので、
打開策についてはページ後半で紹介します。

 

まず、スタイリング剤が育毛に煙たがられる理由について、解説します。

 

スタイリング剤の成分をおさらい

ワックスやジェル、スプレーには、ほとんどにシリコンが配合されています。

 

シリコンは有機ケイ素化合物で、天然成分ではありません。

 

人工高分子化合物なので、一度髪に吸着するとなかなか取れず、
耐熱性もあって消滅しづらいムチャクチャしぶとい成分です。

 

これが「育毛剤のジャマをする」と言われる理由の一つで、
シャンプーでしっかり洗い落とさないと、いつまでも髪や頭皮に残りつづけます。

 

シリコンそのものが悪ではないですが、シャンプー不足が悪者にかえる、というわけです。

 

ほかには、油分アルコール分も配合されています。

 

髪の毛を固定するのがスタイリング剤なので、基本的にどんな種類にも入っています。

 

水洗いだけでは髪から落ちないので、シャンプーでしっかり洗い落とす必要があります。

 

洗い落とせないとどんなことが起こるかというと、

1.髪がパサパサになる

いつまでもスタイリング剤が残っていると、
髪の表面のキューティクルがはがれて、髪がパサパサ状態になります。

2.育毛のジャマをする

また、髪の毛だけでなく頭皮上にも付着し続けると、
スタイリング剤が毛穴をふさいで、発毛に影響が出てくることもあります。

 

できれば併用はせず、育毛剤オンリーで過ごすのが一番ですが、
スタイリング剤さえ落とせれば回避できるので、徹底的なシャンプーが解決策です。

 

シャンプーで解決

 

シャンプー選びもポイントがある

ただ、なんでもいいからシャンプーすればいいわけじゃありません。

 

使うシャンプーによっては逆に薄毛のリスクを高めることになるので、
選ぶポイントをおさえておくのは重要です。

 

チェックポイントは、「石油系界面活性剤」を使っていないシャンプーです。

 

「石油系界面活性剤」を使うと、低コストで洗浄力の高いシャンプーがつくれるので、
価格勝負な市販のシャンプーにはほとんど入っています。

 

洗浄力が高いだけならいいですが、強いタンパク質融解作用があるので、
毎日使うのは悪影響と多くのドクターが口酸っぱく言っています。

 

「石油系界面活性剤」と一言でいってもいろんな表記名があるので、
主な名前を一覧にすると

  • スルホン酸ナトリウム
  • キシレンスルホン酸アンモニウム
  • パレスー3硫酸ナトリウム
  • パレスー3硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩)
  • ラウレス硫酸アンモニウム

 

こんな感じです。

 

これを見ながら探すのは意外と手間(爆)なので、
体質ごとにぴったりなシャンプーをピックアップしてみました。

オイリー肌にははプレミアムブラックシャンプー

プレミアムブラックシャンプー

名前の通り真っ黒な液体は衝撃的です(笑)その色の正体は独自技術で炭化させたクレイ(泥)で、頭皮の汚れや皮脂をキュッと吸着してくれるオイリー体質の頼もしい味方です。

育毛シャンプーと言えば低刺激なイメージですが、それをくつがえすような爽快感が持ち味で「スゥ〜ッとメントール感が気持ちいい!」「頭皮にしみ込む感じが最高〜!」など手ごたえを楽しむ口コミが多く、一度使ったらやみつきになる洗い心地です!

 

プレミアムブラックシャンプーの詳細はコチラ

ノーマルタイプはBOSTONアロマシャンプー

BOSTONアロマシャンプー

バランス力のあるシャンプーで、アミノ酸系と石鹸系、2種類の洗浄成分のいいとこどりをしています。

アルカリ性で髪がきしむのが課題点な石鹸系を、肌と同じ弱酸性のアミノ酸系とブレンドすることで弱点をクリアし、髪に負担を与えないと専門医お墨付きな石鹸系のメリットを採用しました。
石鹸系を使う育毛シャンプーはムチャクチャレアなので、ノーマルタイプの人はぜひ使ってほしい特権です!

 

BOSTONアロマシャンプーの詳細はコチラ

乾燥肌ならウーマシャンプープレミアム

ウーマシャンプープレミアム

潤い力にムチャクチャ力を入れる育毛シャンプーです。
中でも馬油を使う贅沢さがミソで、人の皮脂に最も近く、乾燥肌でも負担なく頭皮に潤いを与えてくれます。

辛口評価の雑誌も「低刺激で毎日使える万人向けベストバイシャンプー」と評価するくらいなので、敏感肌に悩む人も安心です!

 

ウーマシャンプープレミアムの詳細はコチラ

「もっと体質を深掘りしたい!」という人は、こちらのページの診断が役に立ちます。

育毛剤とスタイリング剤はどっちが先?

順番は、育毛剤を先につけます。

 

スタイリング剤がついていると、育毛剤の成分の浸透をジャマしかねないので、
この順番は育毛のために厳守です。

 

イメージとしては、

 

  • 朝:育毛剤→スタイリング剤でセット
  • 夜:しっかりシャンプー→育毛剤

 

これが、理想のサイクルです。

洗髪後は8割ほど乾いてから育毛剤塗布

育毛剤は、髪の水分をとってからつけるのがおすすめです。

 

髪がびしょびしょの状態だと、成分が薄れたり、水分で落ちてしまう恐れがあります。

 

短髪の人ならタオルドライ、長髪の人はドライヤーを使って
「8割前後の乾き具合」が育毛剤のつけどきです。

 

育毛剤とドライヤーのおいしい関係性は、こちらのページで詳しく紹介しています。

 

しっかりスタイリング剤を洗い落とすには

シャンプーの前のひと手間で、洗い落としに雲泥の差が出るコツがあります。

 

それは、髪と頭皮をしっかりお湯で濡らしてから、シャンプーを始めることです。

 

食器をお湯につけてから洗うと油汚れが落ちやすくなるのと同じで、
お湯の分子が油をはがし、油分の粘性を下げる効果が得られます。

 

サッと濡らしてすぐシャンプーをつける人も多いと思いますが、
ひと手間加えるだけで洗い上がりがちがうので、取り入れてみてください!

 

 

関連ページ