育毛剤 医薬部外品

育毛剤で医薬部外品だと効果が無いのか?

MENU

育毛剤で医薬部外品だと効果が無いのか?

いくぞう

 

このページでは、医薬部外品の育毛剤について説明しています。

 

育毛剤は9割が医薬部外品に分類されており、その効果や作用について理解しておく必要があります。

 

即効性を求めてしまうと、「思ったものと違う」ということになってしまいがちです。
医薬部外品の育毛剤の知識をより深めることで、ストレスなく育毛剤とお付き合いできるようになります。


医薬部外品の定義とは

そもそも、医薬部外品について詳しく理解している人は少ないかもしれません。
「なんとなく安全性が高そう」、「誰でも使用できるもの」など、
ふんわりした解釈が多いと思います。(いくぞうもはじめはそうでした^^;)

 

医薬部外品は、「人体に対する作用が緩やかで、機械器具でないもの」と記されています。
つまり、いくら効果があると伝えられている医薬部外品の育毛剤を使っても、
すぐに薄毛が治るというわけではありません。

 

薬事法第2条によると、医薬部外品の育毛剤に関しては
「脱毛の防止、育毛又は除毛」と記載されています。

 

ちなみに、育毛剤の説明書きや広告を見ていると、
「厚生労働省認可」という文字がデカデカと掲載されているものもあります。

 

でも、ここで勘違いしてはいけないのが、
「育毛効果がある」と厚生労働省が認めたわけではないということです。

 

あくまでも、育毛剤としての使用許可を認めたというだけで、
効果の有無についてまで厚生労働省が検証したわけではありません。

 

それをあたかも「厚生労働省が認めたすごい育毛剤だ!」
みたいな記載をしているところもあるので、注意が必要です。

 

また、医薬部外品は「効果が緩やか」ということが前提としてあるので、
医薬部外品の育毛剤は普通に市販されています。

 

近所の薬局やドラッグストア、コンビニなどでも気軽に入手できるので、
「とりあえずなんか頭皮にいい影響がある物がないかな〜」と考えている人は、
医薬部外品の育毛剤がオススメです。

 

安全性は高いけど効き目は薄い?

医薬部外品ということで、医師の診断や薬剤師の判断が必要ない育毛剤です。
そのため、効果の即効性はなく、薄毛進行が激しい人が使っても
髪がフサフサになるということはまずありえません。

 

医薬部外品の育毛剤は、ハゲてしまった人が使うのではなく、
「ちょっと薄毛になってきたかな」という人や「髪が細くなってきたかな」
という人が使うレベルのものと言えます。

 

例えば、のどがムチャクチャ痛いのに、のどあめだけで治そうとしても治りません。
そういうときは、抗生物質を投与したり、気管を広げる薬、
炎症を抑える薬を飲まなければ治りません。

 

それと同じことが、医薬部外品の育毛剤にも言えます。

 

薄毛進行が激しい場合は、育毛剤ではなく
発毛作用がある外用薬や内服薬を服用しなければ、改善は難しいです。

 

いくらその効果をうたっている医薬部外品の育毛剤でも、
配合できる成分の上限が決められているので、効果に限度があります。

 

厚生労働省から成分濃度が指定されていて、
必要以上に勝手に成分を配合することは、医薬部外品では許されていません。

 

医薬部外品の育毛剤の役割とは

ちょっと医薬部外品の育毛剤を否定するような文章になってしまいましたが、
全く効果がないというわけではありません。

 

予防や現状維持には、医薬部外品の育毛剤でも十分に効果を発揮します。

 

医薬部外品の育毛剤に配合されている成分は、
頭皮の汚れを取り除いて皮脂が酸化してしまうことを防ぐため、
使い続ければ頭皮状態が常に安定します。

 

よく、「頭皮が硬い人はハゲやすい」なんて言いますけど、
表皮が酸化した皮脂おおわれてしまうと頭皮は硬くなりがちです。

 

それを防ぐ意味でも、育毛剤を使うのはとてもメリットがあります。

 

医薬部外品の育毛剤にも頭皮を柔らかくする保湿作用があるので、
頭皮に柔軟性を与え、有効成分の浸透性を高める効果が期待できます。