ミノキシジル育毛剤 効果

ミノキシジルの育毛剤効果、臨床データを元に解説

MENU

ミノキシジルの育毛剤効果、臨床データを元に解説

いくぞう

 

このページでは、ミノキシジル育毛剤の効果に迫っています。

 

ミノキシジル配合の育毛剤は、他の育毛剤とはちょっと違った経緯で開発されています。ミノキシジルが誕生した経緯を知ると、より一段と使いたくなってしまうかもしれません。臨床試験の結果を用いながらミノキシジルの効果を紹介するので、参考にしてもらえると嬉しいです!


もともと育毛剤として開発されたものではない?

ミノキシジル配合の育毛剤は、実は薄毛治療のために開発されたものではありません。

 

もともとは「高血圧を治す薬」として使われていた成分で、その治療の際
脱毛症が改善する効果が明らかになったのをきっかけに、育毛剤としての開発が始まりました。

 

高血圧症の人がミノキシジルを使うと、血管拡張が行われて血流が良くなるのですが、
その結果、意外な形で薄毛が治るという症状がわかり、
なんと、ミノキシジルを投与された男性が多毛症になって胸毛やヒゲが生えたのです。

 

この結果から、血管が髪の毛に大いに関わっているという裏付けを得ることができました。

 

実際に、「薄毛治療に活かせるのではないか」と応用が始まったのは1980年代で、
それがアメリカで販売されたロゲインが最初と言われています。

 

ロゲインにもミノキシジルが配合されていて、それが元となって日本でもリアップが登場しました。
リアップが登場したのは1999年なので、アメリカにだいぶ遅れて発表されたことになります。

 

「体から毛が生えたんだから、それを使う手はない!」というとってもわかりやすい誕生秘話です。

 

ミノキシジルの育毛剤はどんなものがある?

ミノキシジルの育毛剤は、上記紹介したようなロゲインやリアップ以外もあって、
海外で有名なのはカークランドという育毛剤です。

 

ロゲインのジェネリック医薬品で、同じ容量ながらも価格が半分程度なので、
むしろこちらの方が気軽に使用できるという声が多いです。

 

また、そこからさらに応用され、ポラリスシリーズというのも出ています。

 

ポラリスシリーズは海外のみで取り扱われていて、ミノキシジルが5%のものから
最大16%のものまで登場しています。

 

日本では、リアップの5%がMAXですから、およそその3倍にもあたるミノキシジル濃度です。

 

海外の人は、それだけ高い濃度でも怖がることなく使っているというのが現状なので、
ミノキシジル5%ぐらいでビビッていたらビックリされてしまうかもしれません、、汗

 

ちなみに、ポラリスにはフィナステリドが1%配合されているものもあって、
世界で唯一ミノキシジルとフィナステリドの両方の成分が配合された商品でもあります。

 

薄毛治療でどうにも改善が見られないという人は、個人輸入から購入することもできるので、
最終手段として検討してみるのも手かもしれません。

 

ミノキシジル育毛剤の効果とは

ミノキシジル配合の育毛剤を使用して、実際どれぐらい効果があるのか気になるところです。

 

ミノキシジルは、医学的効果も高いと言われている成分ではありますが、
それでもやっぱり即効性があるというわけではありません。

 

育毛剤はよく「最低3ヶ月は試してくださいね」なんて言われますが、
3ヶ月で効果が出るのは微々たる例で、ミノキシジルならあっという間に治る!
というのは夢のまた夢です。

 

医学的評価が高い成分でも、長期に渡って使用しないと簡単に効果は出ません。

最低どれくらいの期間使うといい?

ミノキシジルの効果については、大正製薬が長期投与試験結果として発表しています。

 

その臨床データで、まず3ヶ月後にあたる16週後の検証結果を見てみると、
16週後で「著名改善」が見られたのはなんと0%、、、。

 

そして、ちょっとだけ改善したということを表す「中等度改善」でも10.4%にしかおらず、
3ヶ月使っても1割程度しか改善した傾向が見られないということが言えます。

 

ですが、それが52週後になると、著名改善が11%、中等度改善が66.7%になっていて、

つまり、1年経ってようやく改善が見られるという結果が出ています。

 

それまでに効果が出ないと止めてしまう人も多いかもしれませんが、

検証結果を見ても1年は辛抱がいるので、粘り強く効果が出るのを待つことがカギになります。

 

やっぱりなるべく早く結果が出てほしい!という人は、実感スピードのはやさが自慢イクオスがオススメです!