ノンアルコール 育毛剤

本末転倒になってない?育毛剤はノンアルコールで賢くケア

MENU

本末転倒になってない?育毛剤はノンアルコールで賢くケア

いくぞう

 

このページでは、ノンアルコールの育毛剤を徹底分析しています。

 

アルコールが良くないと言われる理由、それでもアルコールが入っている理由、薄毛との関係性などアルコールにまつわる疑問を明らかにしています。

 

アルコールフリー3大育毛剤も個性を引き出して紹介しています!


ノンアルコール育毛剤は、まだまだ少数派

市販されている育毛剤の成分表を確かめてみると、9割以上はアルコールが入っています。

 

「アルコール」という名前で書いてあるわけではないので一瞬見落としがちですが、
「エタノール」という名前で表記されているものが多いと思います。

 

逆に、ノンアルコールの育毛剤を見つけるほうが大変です。

 

いくぞうが調べた限りでは、M-1育毛ミストブブカ、ミューノアージュなどは
ノンアルコールでしたが、他の育毛剤にはほとんどアルコールが入っています。

 

アルコールにもメリットがある

「どうしてアルコール入りが多いんだろう?」と気になったので調べてみると、
アルコールにはいくつかメリットがあることがわかりました。

 

  • 末梢血行改善の効果がある
  • 血行状態が良くなって、毛乳頭につながる毛細血管の流れも良くなる

 

ちょっと専門的な言葉がならびましたが、簡単に言うと

血液の流れを良くする作用がアルコールのメリットです。

 

確かにお酒を飲む人は、顔が赤くなって血行が良くなる印象がありますが、
その効果を頭皮でも実現すべく、多くの育毛剤にアルコールが入っているというわけです。

 

また、アルコールは神経を刺激して爽快感や清涼感をもたらす効果もあるので、

使用感や手ごたえをアップさせるためにも、アルコールは役立っています。

 

アルコールではげるリスクが高まる?

いいことだらけなら、わざわざアルコールを育毛剤から除外する必要はありません。

 

でも、ノンアルコールの育毛剤もあるということは、
アルコールがメリットばかりではないという裏返しになります。

 

はげるリスクになり得る2つのデメリットは、以下の通りです。

1.浸透性と刺激が強い

育毛剤をつけたとき、ひんやりしたり頭皮に浸透する感じで
「クゥーーー、効いてるーー!」と思えるのは、アルコールが入っているからです。

 

ただ、つけるだけでここまで刺激を感じられるのは、
それだけ強い浸透性と刺激がアルコールにはある、ということです。

 

育毛剤は、頭皮から皮下組織まで成分が浸透していきます。

 

浸透しすぎると、必要以上にデリケートな場所まで届いてしまい、
神経に触れて痛みやかゆみ、かぶれなどの症状が出てきてしまう恐れがあります。

 

仮に神経に触れたとしても、発毛や育毛を促す栄養成分なら痛みやかゆみは起こりにくいですが、
アルコールは作用が強いので、肌の弱い人にとっては重大なトラブルのもとです。

 

肌にとってはムチャクチャ刺激の強い存在なので、
デリケートな体質の人はできるだけひかえたい成分です。

2.タンパク質を壊してしまう作用も

アルコールには、タンパク質を破壊する作用があります。

 

髪の毛はタンパク質でできているので、アルコールを長期的につけるのは、
髪の毛が傷んだり、最終的にはボロボロになるリスクを容認するのと同じことになります。

 

「メントール感がないと俺は満足できないんだ!」という人は仕方ないですが、
せっかく髪の毛のために育毛剤を使うので、アルコールを避けるに越したことはありません。

 

ノンアルコールの育毛剤はどれ?

いくぞうが知る限り、ノンアルコールの育毛剤は次の3つです。

M-1育毛ミストについて

M-1育毛ミスト

化学薬品・アルコール不使用の無添加オーガニックな育毛剤です。赤ちゃんでも使える優しさがモットーで、肌トラブルに悩む多くの人を救っています。

 

「効果もないと意味ないんですけど」と思うところですが、効果を裏付ける人気の高さはTV通販で爆発しています。出演するだけでも難しいショップチャンネルでデビュー当日から、1時間で4000本以上売り上げて、その後も放送するたび売り切れ続出です。リピーターの多さから、効果を実感する人の多さが読み取れます。

 

M-1の詳細情報はコチラです

ブブカ(BUBKA)について

ブブカ(BUBKA)

アルコールを使わないで人気を出すのは、業界の人に言わせるとムチャクチャ難しいようです(汗)そんな中、頑張ってアルコール大幅カットを成功させた、希少なノンアルコール製法の育毛剤です。

 

「ちょっと待って、大幅カットってことはゼロではないの?」と一瞬不安になりますが、エキス抽出のために使っているだけで、処方としてのアルコール配合はありません。

 

岐阜本単研究所の調査でミノキシジルに匹敵する育毛パワーを持っていることが証明されているので、実力も頼りになります。

 

ブブカの詳細情報はコチラです

THE SCALP 5.0Cについて

THE SCALP 5.0C(スカルプ)

ローエタノールなのでアルコールゼロではないですが、実際のところ「0.07%」で限りなくゼロに近い量です。

 

注目はキャピキシルを配合していることで、ミノキシジルの3倍の効果があると言われている、新しい育毛成分です。天然草からの抽出エキスがベースなので、ミノキシジルのような人体に及ぶ副作用リスクがなく、安心です。

 

また、もともと女性の化粧品を手がける会社です。肌トラブルの精通度やノウハウは、ふつうのメーカーより長けているといくぞうはふんでいます。

 

THE SCALP 5.0Cの詳細情報はコチラです

アルコールの有無で迷ったら

それぞれメリット・デメリットがあるので、アルコール入り・ノンアルコール、
どちらの育毛剤を選べばいいか難しいところです。

 

そこで判断材料になるのが、自分の体質です。

 

  • 肌に何かつけるとすぐ赤くなる(かぶれる)
  • 髪の毛が傷みやすい

 

思い当たる人は、ノンアルコールの育毛剤が間違いなく安心です。

 

  • 肌荒れの経験が一切ない
  • 髪の毛が太くてたくましい

 

こういう人なら、ノンアルコールにこだわらなくてもいいかもしれません。

 

ただ、体質に合わない育毛剤を使ったとしても、
どうしようもないくらいムチャクチャ重度な副作用が起こるわけでもないです。

 

永久的に使うなら別ですが、途中で切り替えれば、
選ぶのに慎重になりすぎることはないのかな、といくぞうは考えています。

 

そんな僕らの声に応えるように、返金保証制度のついた育毛剤が増えています。

 

「とりあえず」の感覚で選べる環境を活かさない手はないので、
まずは使って、それから使用感を吟味するのも遅くないです。

参考

返金保証期間を、ランキング形式でまとめてみました。

 

長さ

育毛剤名

返金保証期間

チャップアップ(CHAP UP)

無 期 限

 
 

BOSTONスカルプエッセンス

180日間

 
 

THE SCALP 5.0C※ノンアルコールタイプ

60日間

 
 

イクオス(IQOS)

45日間

 
 

薬用ポリピュアEX

45日間

 
 

ブブカ(BUBKA)※ノンアルコールタイプ

30日間

 
 

薬用ナノインパクト100

30日間

 
 

薬用プランテル

30日間

 
 

フィンジア(FINJIA)

30日間

 
 

M-1育毛ミスト※ノンアルコールタイプ

30日間

 
 

MSTT1

30日間

 
 

バイタルウェーブ

30日間

 
 

Deeper3D

14日間

 

 

HG-101

8日間

 
 

薬用オメガプロ

Persona(ペルソナ)

 

 

関連ページ