育毛温泉キャップ

育毛に効果があるとされる温泉キャップってなに?

MENU

育毛に効果があるとされる温泉キャップってなに?

いくぞう

 

このページでは、育毛温泉キャップについて紹介しています。

 

育毛温泉キャップは、簡単に言えばお風呂に入っている時に帽子をかぶり、そこにお湯をためて血行促進作用を与えるものです。育毛効果が期待できる反面、コスト面がどうなのか気になるところです。育毛温泉キャップのメリットとデメリットを解説しているので、気になる人は参考にしてみてください!


育毛温泉キャップって何?

育毛温泉キャップは、頭をすっぽりおおうような
黒いクロロプレーンゴムでできた入浴用キャップです。

 

頭にぴったりとフィットし、
頭頂部や前頭部などを全ておおうようにお湯が溜まります。

 

長時間温熱効果を与えることで血行促進作用を与え、
さらに頭皮の皮脂を取り除く作用が期待できます。

 

温泉に入ったりお風呂に入っていると、
体中がポカポカしてきて血行促進作用が高まります。

 

ですが、頭部まではお湯につかっていないため、
頭部の毛細血管の血行促進作用は生まれにくいのが現状です。

 

そこに目をつけたのが育毛温泉キャップで、
一言で言うと、「頭が温泉に入っているようなもの」と言えます。

 

長時間頭皮をお湯に浸けておくことで、皮脂が浮かび上がり、
シャンプーをした時に今まで以上に頭皮が清潔になります。

 

食べ終わった食器をお湯につけておくと油が浮いてきますが、
それに近い作用があると言えます。

 

キャップ自体に育毛作用があるというよりも、頭皮を清潔にして
育毛剤の浸透性をアップさせるものという解釈が適切です。

 

育毛温泉キャップとの使い方とは

育毛温泉キャップの使い方を、手順に沿って説明していきます。

 

  1. 入浴時、育毛温泉キャップを着用する
  2. お湯や水がこぼれないように、キャップのベルトをきつく締める
  3. キャップの中にお湯(入浴温度と同等の40度前後)を入れる
  4. そのまま10分程度温める

    ※初めて使う場合、のぼせる感覚があるなら5分程度でおさえる

  5. 10分経過したらキャップのお湯を捨て、シャンプーする
  6. 水を入れて血行状態を引き締める

    ※熱いお湯と冷たいお湯を交互に与えることでポンプのような血行促進作用が生まれる

 

これが育毛温泉キャップの主な使い方です。

 

頭皮マッサージも並行して行うことで、より一層皮脂が落としやすくなります。

 

費用対効果は未知

育毛温泉キャップは、理論的にはとても理にかなっています。

 

熱を与えて血管拡張効果を生み、血流を促すことは毛乳頭に行き届く栄養素の増強につながるので、
それが結果的に発毛効果を促すという考えも間違っていません。

 

また、「温熱作用を与えて皮脂を浮かび上がらせる」という理論も間違っていないので、
育毛アイテムの一つとして考えてもおかしくないです。

 

ただ、この育毛キャップは9,000円程度するものなので、
それに見合った効果があるのかと言われると未知な部分があります。

 

例えば、タオルにお湯をつけて頭部に付けることと、感覚的には変わりません。

 

タオルの場合、すぐにお湯の温度が冷めてしまうというデメリットがあるものの、
理論的には同じことなので、9,000円出してまで買うメリットがあるのかどうかは、
人によって判断が分かれるところです。

 

実際使用した人の意見でもあまり評価が乏しくないので、
育毛ケアをする時にまずは違うものにコストをかけた方が無難だといくぞうは思います。

結果を出すには助っ人が必要

言わずもがなかもしれませんが、
育毛温泉キャップだけで薄毛改善に挑むのは、現実的に難しい話です。

 

育毛温泉キャップを使う場合でも、育毛剤や育毛シャンプーの使用は欠かせず、

最終的に育毛効果を得られるかどうかは、育毛剤の方に比重が高いというのが実情です。

 

育毛剤で育毛温泉キャップ体験?!という持ち味が魅力のフィンジアに、いくぞうは大注目しています!毛穴の開放・高い浸透性を生み出す工夫が自慢で、1本で育毛ケア・育毛温泉キャップ効果の2つを得られると言っても過言ではありません!