カプサイシン 育毛

カプサイシン、育毛効果があるってウソ?

MENU

カプサイシン、育毛効果があるってウソ?

いくぞう

 

このページでは、カプサイシンの育毛効果に迫っています。

 

カプサイシンは、唐辛子などに含まれている成分です。この辛味成分が体内に増えると、育毛効果があるなんていうウワサもあります。果たして本当に効果はあるのか、その実態に迫っていきます。カプサイシンの本当の作用がわかるので、気になる人はぜひチェックしてみてください!


カプサイシンは体にどんな影響を与える?

カプサイシンは、唐辛子などに入っている成分で、
脳内の痛覚神経の刺激して、辛さを感じさせる要因になっています。

 

カプサイシンは、摂取すると、まず脳内に伝わります。

 

そして、副腎のアドレナリン分泌にも役立っていて、
食べると体があつくなったり、汗が出やすくなったりします。

 

そんなカプサイシンは、育毛効果があるという声もあり、その要因として考えられるのは、
アドレナリンの分泌によって体脂肪が燃焼しやすい体の状態になっていることです。

 

カプサイシンパワーを上手に利用した育毛剤はコチラです!

 

アドレナリンが出ると、肝臓にあるブドウ糖が体中に存在する血液へ放たれる役割があります。

 

そして、アドレナリン自体が脂肪分解酵素のリパーゼを活性化する作用があるので、
脂質の量が減って、血流促進効果が生まれます。

 

その結果、体内の代謝がよくなって脂肪が落ちやすいというわけです。

 

脂質の量が減って血流がよくなるということは、毛細血管が活発になるということに結びつき、
これが、毛細血管が活発になる=髪にも良い影響を与えるだろうという根拠です。

 

カプサイシンだけでは育毛は無理?

カプサイシンの摂取で、脂肪分が減りやすくなり、血流促進効果が生まれやすいと紹介しましたが、
血流促進効果が生まれやすい場面は、日常的に少ないことではありません。

 

例えば、運動をしているときや、お風呂に入っているときも血流促進効果があります。

 

ですが、毎日運動して、しっかりお風呂に入る人はハゲないかというと、それはまた別の話です。
つまり、髪の毛を維持するには、血流促進効果だけでは無理ということが言えます。

 

ただ、勘違いしてほしくないのが、もちろん髪にとって悪いことではないということです。

 

髪の毛は血液から栄養分をもらっているので、
血流促進作用を与えるのは理にかなった良い作用です。

 

しかし、薄毛になる要因は「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる
悪性男性ホルモンの影響などもあるので、血液循環を良くしても育毛効果は出にくいです。

 

育毛アイテムの一つとして考えるべき!

カプサイシンを摂取することの是非をここで出すならば、
「摂取は問題なし。ただし育毛の即効性はなく、100%効果が出るとは限らない」ということです。

 

薄毛が治る原因は、たった一つということではありません。

 

  • ミノキシジルと呼ばれる発毛効果のある成分を塗布
  • 悪性男性ホルモンを退治するフィナステリドの服用
  • 血液循環をよくするビタミンCの摂取
  • 髪の毛の成分となるタンパク質の摂取

 

髪を生やすには、上記のように色々な成分を摂取していく必要があって、
そのうちの一つが「カプサイシン」という解釈が適切です。

 

1日に必要なカプサイシンの量とは

カプサイシンを摂取するときは、1日の摂取量を意識することが大切です。

 

刺激の強い成分なので、大量に摂取してしまうと胃腸炎を起こしたり、
腹痛を起こすなどのケースもあります。

 

目安とされているのが、1日6mg程度です。

 

唐辛子以外では、香辛料などに配合されていることもあります。

 

ただ、あまり日頃食卓に出るようなものでは含まれていないので、
上限を気にして摂取する必要はなさそうです。

 

ちなみに、1日で唐辛子を何本もボリボリ食べない限り、
6mgを超えることはまずないので安心です。

 

また、カプサイシンは毎日摂取するのが難しい成分なので、
サプリメントとして摂取するケースが多くなっています。

 

配合量も明確になっているので、サプリメントなら安心して摂取できます。