コーヒー 薄毛

「コーヒーで薄毛」は迷信?成分で見るメリット・デメリット

MENU

「コーヒーで薄毛」は迷信?成分で見るメリット・デメリット

いくぞう

 

このページでは、コーヒーと薄毛の関係を、成分をもとに解説しています。

 

コーヒーが薄毛の原因とウワサされる理由、少しでもメリットになる飲み方を紹介しているので、コーヒー好きな人も安心な情報がゲットできると思います!


結局、コーヒーは薄毛の原因なの?

「コーヒーを飲むとハゲる?」なんてウワサがありますが、

結論から言うと、コーヒーが薄毛の直接的な原因になるわけではないです。

 

なので、「薄毛が気になるから一切飲まない!」とガマンする必要はありません。

 

ただ、生活スタイルによって「飲み過ぎ注意」な人もいるので、注意点を見ていきます。

 

薄毛に悪いと言われる理由って?

コーヒーの成分は、糖と脂質が多くの割合を占めています。
(糖が4割近く、脂質が2割ほど)

 

コーヒーの成分

 

決して「栄養価が高い!」と言える内容ではなく、
残念ながら、コーヒーは髪の毛にとってほぼメリットがありません。

 

「コーヒーは髪の毛にいい!」という真逆のウワサもありますが、
信じて毎日飲んでも、髪の成長につながる効果は期待できません。。

亜鉛の吸収率を下げる

コーヒーには、亜鉛の吸収率を下げてしまう作用があると言われています。

 

亜鉛は、タンパク質のサポート役で、
タンパク質が社長なら、社長を支える敏腕秘書が亜鉛という間柄です。

 

タンパク質は髪の毛をつくる材料ですが、その成果は亜鉛が足りているかが左右するので、
薄毛に関して亜鉛は必要不可欠な栄養素です。

 

育毛のキーパーソン・亜鉛の吸収率を下げてしまうという意味で、
コーヒーは薄毛が気になる人に向かない飲み物と言えます。

 

コーヒーを手放せなくて困っていたら、牡蠣侍(かきさむらい)で亜鉛をフル満タンにすると安心です!ちなみに亜鉛は一回の射精で1〜7mg、大量の汗をかくだけでも1〜4mg失うと言われているので、成人男性にとって考えものな栄養素です、、(汗

睡眠の質が下がる原因に

カフェインによる覚醒作用も懸念点で、
数%ですが、コーヒーには脳を刺激する成分が配合されています。

 

交感神経が刺激され、気分が高揚する作用があるので、
なかなか眠れず睡眠の質が落ちる、、というのがコワいです。

 

というのも、AGAの主な要因は生活習慣が一番の大敵だからです。

 

AGAの三大要因

AGAの主な3つの原因

 

寝つきが悪いことでストレスを感じたり、睡眠不足に陥るのは、
のちのち髪の毛にダメージを与えかねないので、気をつけていきたいです、、!

 

1ミリもメリットはないの?

髪の毛にとっていいことがないわけではなく、コーヒーのメリットは少なからずあります。

 

糖と脂質以外の成分は何かというと、

 

  • タンパク質
  • ポリフェノール
  • カフェイン
  • トリゴネン

 

などが入っています。

 

髪にとってプラスの効果が期待できる成分があるのは事実なので、それについて解説していきます。

期待できる成分【1】亜鉛

亜鉛の話でさらっと紹介しましたが、タンパク質は髪の毛の材料なので朗報ですが、
含有量は13%ほどなので、決して多いと言える量ではありません(泣

 

ご飯や麺類など、ふつうに炭水化物で摂取するほうがずっと効率的なので、
タンパク質目当てでコーヒーを飲むのは、ちょっと遠回りになりそうです、、。

期待できる成分【2】ポリフェノール

亜鉛のほかに、ポリフェノールも髪にとっていい成分です。

 

コーヒーに配合されているポリフェノールは「クロロゲン酸」と呼ばれていて、
この成分を体内に取り入れると、血行状態がよくなって体がぽかぽかするような感覚になります。

 

血行状態がよくなれば、毛細血管の流れにも影響が出て、
毛乳頭に栄養素がとどこおりなく届きます。

 

髪の毛のすみずみまで栄養が行き渡るという意味で、ポリフェノールも有力です。

期待できる成分【3】カフェイン

夜遅くに飲むのはNGですが、飲むタイミングを気にすれば、カフェインも味方になってくれます。

 

  • 脳を刺激
  • 体のけだるさやけんたい感をなくす
  • 血行状態がよくなる

 

ちなみに、覚醒状態が続くのはせいぜい数時間程度です。

 

「帰宅してコーヒーを飲むのが至福のひとときなんだよな、、」という人も、
寝る直前に飲まなければ、睡眠に支障をきたさずにすみます。

期待できる成分【4】トリゴネン

ちょっと髪の毛と離れてしまいますが、認知症予防に効果があると言われている成分です。

 

育毛との密接な関係はまだ報告されていませんが、
脳神経細胞を活性化する、健康面にプラスを与えてくれる成分の一つと言えます。

 

カフェインの摂取上限ってある?

カフェインの1日の目安は200mgから300mgです。

 

それ以上取らなければ、人体への影響はないと言われています。

 

缶コーヒー1杯で1日の上限に達してしまうわけではないので、
ライトユーザーなら今まで通りで問題ないです。

 

カフェインは胃への負担が大きいので、
胃痛を起こしやすい人や胃炎になりやすい人は、要注意です。

 

せいぜい1日1、2杯程度でおさえておくのがベターです。
(いくぞうの胃もコーヒーに弱いです、、汗)

 

 

関連ページ