豆乳 薄毛

豆乳の育毛効果に迫る!理想量は?摂りすぎ要注意は○○○

MENU

豆乳の育毛効果に迫る!理想量は?摂りすぎ要注意は○○○

いくぞう

 

このページでは、豆乳の薄毛対策について徹底分析しています。

 

育毛に役立つ理由、おすすめの豆乳の種類、1日摂取量の目安、大豆食品で代用できないかなど、疑問が一気に晴れる情報を集めました。

 

「豆乳の飲みすぎは良くない」というウワサの真偽も明らかにしています!


薄毛や抜け毛に効くって本当?

先に結論を出すと、

豆乳が育毛効果を後押ししてくれるかどうかといったら、答えはYESです。

 

理由は下記が摂れるからで、

  • イソフラボン
  • 植物性タンパク質

 

薄毛改善に貢献してくれるヒミツを、一つずつ解説していきます。

イソフラボンは女性ホルモンそっくりさん

そもそも、イソフラボンは何者かというと、大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種です。

 

なので、女性ホルモンでもなんでもありません。

 

じゃあ、どうして「イソフラボン=女性ホルモン」なイメージがあるかというと、
イソフラボンは女性ホルモンのそっくりさんだからです。

 

イソフラボンは、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」と似た働きをして、
男性ホルモンを抑制してくれます。

 

男性ホルモンは、薄毛の大きな原因の一つです。

 

それを抑制してくれるので、イソフラボンは抜け毛の改善につながる、というわけです。

髪の毛の材料もたっぷり

豆乳を含む大豆食品は、タンパク質も豊富です。

 

大豆は植物なので、詳しくいうと「植物性タンパク質」と呼ばれていますが、
大豆が「畑の肉」と言われるのは、お肉で連想されるタンパク質が豊富だからです。

 

タンパク質は、何と言っても髪の毛の材料です。

 

木材がないと家が建てられないように、タンパク質がないと髪の毛を作り出せません。

 

「イソフラボンで男性ホルモンを抑えつつ、髪の毛を作るタンパク質も摂れる」、
まさに一石二鳥な豆乳(大豆食品)は、これ以上ない薄毛対策のはまり役です!

 

種類や違いを知りたい!味付き豆乳でもいいの?

豆乳は、3種類にわかれて定義されています。

  • 無調整豆乳
  • 調製豆乳
  • 豆乳飲料

 

それぞれの特徴や、おすすめ度を紹介していきます。

上級者向けの無調整豆乳

無調整豆乳

 

一番イソフラボンが多いですが、その分豆臭さもピカイチです(汗

 

大豆を絞った乳白色の液状そのままで味付けもないので、
「健康のために覚悟して飲む!」という気合いがないと苦痛かもしれません。。

 

「味は二の次、イソフラボンの量が最優先!」という人におすすめです。

最もバランスのいい調製豆乳

調製豆乳

 

無調整豆乳を、できるだけ飲みやすくしたのが調製豆乳です。

 

コクや甘みを加えたり香料を使ったりして、豆乳特有のクセを和らげています。

 

その分イソフラボンは減りますが、コップ1杯で1日必要摂取量をカバーできる量はあるので、
いくぞう的には一番おすすめです。

 

若干豆臭さは残りますが、素材の味を楽しむつもりで飲むと意外とイケます。

豆臭さが苦手な人の味方・豆乳飲料

豆乳飲料

 

果汁やフレーバーで調製豆乳をムチャクチャおいしくしたのが、豆乳飲料です。

 

豆乳特有の味や臭みも感じないので、味に敏感な子供でもゴクゴク飲めます。

 

ただ、栄養面より飲みやすさに力を入れたので、イソフラボン含有量は最下位です。。

 

実際、豆乳使用量は調製豆乳の半分ほどで、
果汁を入れたものだと20〜30%しか豆乳が使われていません。

 

でも、量さえ飲めば必要摂取量はクリアできるので、味付きでも問題はなく、
豆乳感が苦手な人はこの種類でのチャレンジがおすすめです。

 

豆乳のクセを減らすおいしい飲み方

豆臭さが苦手な人は、このアレンジで多少飲みやすくなります。

 

豆乳のおいしい飲み方

 

「まだまだクセが強いよ」という場合、無調整豆乳なら濃度が濃いので、
水を2〜3割足して薄めても大丈夫です。

ヨーグルト風で楽しめる?

隠れファンが多いのが、果汁類のジュースと混ぜるアレンジです。

 

豆乳×果汁類のジュース=ヨーグルト?

 

果汁類のジュースは酸性なので、豆乳と混ぜるとドロドロになります。

 

見た目はちょっときたないかもしれないですが、
「ヨーグルトみたい!」と一部で大好評なので、冒険したい人におすすめです(笑

 

1日必要摂取量は?副作用の心配はある?

1日に必要とされるイソフラボンの摂取量は、40〜50mgです。

 

豆乳でクリアする場合、無調整豆乳ならコップ3分の2杯、
調整豆乳ならコップ1杯、豆乳飲料ならコップ2杯弱がざっくりとした目安です。

 

大豆食品なら、豆腐半分、納豆1パック分に該当します。

 

大手豆乳メーカー3社イソフラボン比較

メーカー

無調整豆乳

調製豆乳

豆乳飲料(平均)

K社

56mg

43mg

26.2mg

M社

92mg

68mg

38mg

F社

45mg

37mg

16.2mg

3社平均

64.3mg

49.3mg

26.8mg

※量は200ml(コップ1杯)あたりです

 

たくさん飲むほどいい?飲みすぎのリスクはある?

豆乳は1日にどれくらい飲んでいいかというと、特に上限はありません。

 

一応、「1日あたり1〜3本程度」が1日の適正摂取量と言われていますが、あくまで目安です。

 

「豆乳の飲みすぎは体に良くない」なんてウワサもありますが、

注意しないといけないのは、サプリメントでイソフラボンを摂取する場合です。

 

サプリメントで1日に150mg以上摂り続けると、乳がんになる危険があると言われています。

 

食品なら、必要摂取量以上イソフラボンを摂っても大丈夫です。

 

豆乳によるアレルギーを心配する声もあります。詳細はこちらのページで紹介しています。

豆乳じゃないとダメ?代用OKな大豆食品

イソフラボンは大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種なので、

豆乳に限らず、大豆でできている食品で代用可能です。

 

大豆食品

 

こういう大豆食品でもイソフラボンは摂れますが、

「豆乳の右に出る者はいない!」というのがいくぞうの本心です。

 

その理由を、次で詳しく説明します。

 

グラフから読み解く豆乳最強説

大豆食品のイソフラボン含有量ランキングは、以下の通りです。

 

食品安全委員会(内閣府の傘下です)の調査をもとに、100g中の平均含有量をグラフにしました。

 

100gあたりのランキング

順 位

食品名

平均含有量

100g分の参考

1位

きな粉

266.2mg

100g=大さじ16強

2位

大豆

140.4mg

100g=約401粒

3位

納豆

73.5mg

100g=2パック

4位

煮大豆

72.1mg

100g=約142粒

5位

味噌

49.7mg

100g=味噌汁5杯

6位

油揚げ

39.2mg

100g=3枚強

7位

豆乳

24.8mg

100g=コップ半分

8位

豆腐

20.3mg

100g=1/3丁

9位

醤油

0.9mg

100g=1かけ強

 

 

これを「1食分」でランキングし直すと、

 

1食あたりのランキング

順 位

食品名

平均含有量

1食分ってどれくらい?

1位

豆乳

46.8mg

コップ1杯

2位

豆腐

40mg

半分(冷奴サイズ)

3位

納豆

36mg

1パック

4位

きな粉

19mg

大さじ2

5位

煮大豆

13mg

30g

6位

油揚げ

12mg

1枚

7位

大豆

11.2mg

8g(約22粒)

8位

味噌

6mg

味噌汁1杯

9位

醤油

0.08mg

1かけ

 

 

単純に同じ重さで比較すると、きな粉や大豆はとんでもないイソフラボンの量ですが、
僕らの食事の基準で考えると、話は全然変わってきます。

 

身近で手軽、なのにしっかりイソフラボンが摂れる豆乳は、まさに最強アイテム!というわけです。

 

豆腐もいい線をいってますが、切ったり味をつけたりとちょっとした手間があるので、
調理不要な飲むだけの豆乳に比べるとあと一歩です。

 

ちなみに、一番イソフラボンが少ない豆乳飲料でも3位につぐ含有量です(平均26.8mg)。

 

「豆乳と大豆食品、どっちがいいの?」と聞かれたら、いくぞうは迷わず豆乳をおすすめします!

 

混ぜるだけ!豆乳アレンジレシピ

意外な組み合わせですが、豆乳はお酒とも相性◎です。

 

調理時間30秒レベルの簡単レシピなので、ふつうに飲むのに飽きたら試してみてください!

豆乳焼酎

豆乳焼酎

 

材料(一人分)

  • 調製豆乳…80ml
  • 焼酎…20ml
  • 氷…お好みの量

 

作り方

  1. 豆乳と焼酎を混ぜる
  2. 氷を入れて完成!

 

たった40カロリーなので、夜遅くても安心です。

豆乳梅酒

豆乳梅酒

 

材料(一人分)

  • 調製豆乳…150ml
  • 梅酒…50ml
  • 梅の実…あれば

 

作り方

  1. 梅酒(あれば梅の実も)グラスへ
  2. そっと豆乳を注ぎ層ができたら完成!

 

178カロリーで焼酎レシピより高カロリーですが、フルーティーで万人ウケします。

 

番外編!大豆食品おすすめメニュー

最後に、大豆食品のカンタンな食べ合わせメニューを紹介します。

 

冒頭でもお話しましたが、大豆食品は大豆でできていて「植物性タンパク質」が豊富です。

 

そこで、タンパク質と相性のいい栄養素と組み合わせて、効率よく摂取しよう!という狙いです。

 

タンパク質と相性がいい栄養素は、次の2つです。

ビタミンB6

  • 効率よくエネルギー転換
  • ニンニク、唐辛子、焼きのり、ゴマなど

 

ビオチン

  • 健康な髪や皮膚を保つ
  • あさり、納豆、バターピーナッツなど

組み合わせると、こんなメニューになります。

納豆巻き×豆腐の味噌汁(油揚げも可)

納豆巻き×味噌汁

 

キムチ冷奴×あさりの味噌汁

キムチ冷奴×味噌汁

 

 

こんな感じで、意外とお手軽です。

 

大豆食品でバリエーションを増やせるので、
豆乳がマンネリ化しても楽しくイソフラボン摂取を続けられます。

 

 

関連ページ