カラー 育毛剤使えるか

カラーしても育毛剤は使える?髪への影響とは?!

MENU

カラーしても育毛剤は使える?髪への影響とは?!

いくぞう

 

このページでは、カラーリング剤と育毛剤の使用について解説しています。

 

カラーリング剤は髪に与える影響が大きく、使うことで育毛剤の効果が薄れたり、悪影響があるのではないかと心配している人も多いと思います。使い方を間違えてしまうと、頭皮が炎症を起こしたりかぶれてしまうこともあるので、頭に入れておきたいカラーリング剤と育毛剤の使い分けについて紹介していきます。


カラーリング剤は育毛剤と併用できるの?

基本的に、カラーリング剤と育毛剤は、併用禁止とされることはまずありません。

 

ほとんどの商品で利用できますが、中にはカラーリング剤を使用してから
「数日あけてから使用してください」と記載されている育毛剤もあります。

 

その要因として考えられるのは、カラーリング剤に含まれているアルカリ剤の存在です。

 

アルカリ剤は髪のpHを高めて髪を柔らかくする作用があり、
そして柔らかくした後に膨張することで、成分を浸透させる働きがあります。

 

この状態に育毛剤を塗布してしまうと、髪自体に成分が浸透して
変性を起こしてしまう可能性があります。

 

キューティクルが閉じて髪の毛が安定してから育毛剤を使う方が、
髪のパサつきやゴワゴワが生まれにくくなります。

 

カラーリング剤と育毛剤はどんな成分が入っている?

カラーリング剤には、上記紹介したアルカリ剤以外に
パラフェニレンジアミンと呼ばれる酸化染料も配合されています。

 

これは、髪の色を変えるためにメラニン色素の脱色を図る成分で、
分子がとても小さく、髪の内部まで浸透する性質を持っています。

 

ただ、白髪染めや一部のヘアマニキュアには酸化染料は入っていません。
そのため、体への負担も少なく、アレルギー反応も出にくいと言われています。

 

一方、育毛剤は、センブリエキスやグリチルリチン酸など血行促進作用与える成分や、
皮脂の汚れを取り除いて炎症を抑える効果のある成分が中心です。

 

フケやかゆみを抑えるものも配合されているので、
炎症が起きにくいのは明らかに育毛剤と言うことができます。

成分がケンカすることはない

ちなみに、育毛剤とカラーリング剤の成分同士が結合することで
有害物質が発症するということはないです。

 

もし、頭皮に異常が出ると感じたら、それは育毛剤とカラーリング剤を併用した影響ではなく、
カラーリング剤の影響の可能性が大きいです。

 

カラーリング剤に含まれるアルカリ性が、頭皮に吸着して角質を剥がし、
表皮に浸透したため、痛みやかゆみが出たと思われます。

 

カラーリング剤と育毛剤を使うときの注意点とは

カラーリング剤を使うときは、その日の育毛剤の使用は控えた方がいいと思います。

 

なぜなら、カラーリングを使用すると髪のキューティクルがまだしっかりと構築していないため、
育毛剤がしっかりと浸透しない可能性があるからです。

 

カラーリングするときに使用する薬剤は、
キューティクルを開いてメラニン色素を分解する役割があります。

 

髪の表面に色をつけるのではなく、メラニン色素を茶色や金色にして
それが髪の色の変化をもたらします。

同日で使用してしまったら

もし上記のタイミングで育毛剤を使ってしまうと、コルテックス内に育毛剤の成分が浸透します。

 

本来成分を与えるべきところは、毛穴の下を通って真皮に存在する毛乳頭ですが、
髪の成長を促すのに必要な場所ではないところに育毛剤の成分が吸着してしまうので、
効果が薄れてしまう可能性があります。

 

イメージとしては、植物に水をあげるのは根元の土の部分なのに、
茎の部分にだけやたらと水をかけているのと同じことです。

 

そういった観点からも、カラーリングをして数日経ち、
キューティクルがしっかりと閉じてから育毛剤の使用を考えたいところです。