発毛剤と育毛剤 併用

発毛剤と育毛剤の併用について検証!

MENU

発毛剤と育毛剤の併用について検証!

いくぞう

 

このページでは、発毛剤と育毛剤の併用について紹介しています。

 

「両方使った方がそれだけ効果が出て、髪が生えるまでの期間が短くなるんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれません。

 

ただ、それぞれの作用を阻害してしまうリスクもあるので、思わぬ副作用が出てしまうことも考えられます。
効能や効果が出るまでの期間について紹介しているので、ぜひチェックして、育毛剤と発毛剤の知識がより深めてください!


発毛剤と育毛剤は併用すべき?辞めるべき?

発毛剤は髪を生成するもので、育毛剤はその育った髪の毛を
太くたくましい毛に成長させるものです。

 

「だったら2つ併用した方が効果がありそう!」と思ってしまうところですが、
結論から言うと、辞めておいた方がいいです。

 

なぜなら、それぞれお互いの力を借りて、髪の成長を促そうと思って作られていないからです。

 

例えば、2つ併用してしまうと抗炎作用が強くなって、
かえって頭皮のアレルギー反応や炎症が起こりやすくなってしまいます。

 

1日分のグリチルリチン酸の量を配合するなど、考えて成分が配合されているので、
過剰摂取になるとそれだけ頭皮に与える影響も強くなってしまうのでリスクが大きいです。

 

ちょっとあせって両方使いたくなる気持ちも出てきますが、
どちらかの商品に絞って使用するのが効果的だといくぞうは思います。

 

現在の頭皮状態に合わせて判断すべし!

外用薬は、どちらか一つに絞って、長期的に使用するのがいいです。
とっかえひっかえ使ったり、併用して同じ時期に使うのは好ましくありません。
それよりも、自分の頭皮の状態を見て、どちらが合っているか見極めるのが
適切な対策になります。

 

「毛根が弱ってきて髪の発毛がなかなか見られない」、
「抜け毛が目立って全体の量が減っている」という人は、発毛剤が適しています。

 

逆に、
「髪の毛のコシがない」、
「昔に比べて細くなった気がする」、
「全体のボリュームがちょっと減ってきた」という人は、育毛剤を使うのがベターです。

 

育毛剤は、まだ完全に薄毛になっていない段階から使用できるものなので、
症状が軽い人は育毛剤から試した方が安全面から考慮しても使いやすいはずです。

 

薄毛予防に発毛剤を使っても悪いわけではありませんが、
人によっては副作用が出るケースもあるので、
いきなりリスクの高い方を選ぶ必要はないといくぞうは考えています。

 

発毛剤に配合されているミノキシジルと呼ばれる成分が血管拡張効果によって、
血圧の変化をもたらすので、健康面ではちょっと懸念されている成分でもあるからです。

 

しかも、ミノキシジルはワセリンやトレチノインといった薬剤と合わさると過剰な吸収を起こし、
頭皮が赤くなったり、痛くなったりすることがあります。

 

また、ミノキシジルをやめると再び脱毛が起こると言われているので、
ミノキシジルに頼った体質になるのはちょっと乗り気になれません。。。

 

そういった観点からも、ミノキシジルを含んだ発毛剤は
最終手段として検討するのがいいといくぞうは思います。

 

効果が出るまでは長い目で!

併用が難しいとなると、育毛剤か発毛剤のどちらか片方だけを使い続けることになります。

 

副作用のリスクがありながらも効果があるといわれる発毛剤ですが、
それでも効果が出るまで結構時間がかかってしまうのが実情です。

 

リアップを発売している大正製薬の臨床試験の結果によると、
24週間後(6ヶ月)でも、著名改善2.1%、中等度改善47.9%、
軽度の改善が41.7%となっています。

 

簡単に言えば、「完璧に治ったな」と感じる人が2%しかいなく、
「ちょっとだけ治ってきたかな」という人ばかりということです。

 

明らかに「目に見えて髪の毛が生えたな」と言われるまで回復するには、
実際1年以上かかってしまう、ということになります。

 

それぐらいの覚悟がないと効果は得られないので、我慢が必要になってきます。