ミノキシジル 併用禁忌

ミノキシジル飲み合わせ総括!併用NG・併用歓迎成分とは

MENU

ミノキシジル飲み合わせ総括!併用NG・併用歓迎成分とは

いくぞう

 

このページでは、ミノキシジルの併用禁忌を解説しています。

 

他の育毛剤との併用、飲み合わせが気になる成分をピックアップしているので、併用禁忌が気になる人もスッキリすると思います。

 

基本的に「一匹狼」なミノキシジルですが、唯一相性の良い薬があるので、薄毛の完治を目指す人は必見です!


ミノキシジルは他の育毛剤と併用できる?

ミノキシジル配合の育毛剤は、他の育毛剤に比べて
「血管拡張作用」と「血行促進作用」が強いと言われています。

 

頭皮や血液に与える影響がとても大きく、他の成分との併用は危険が伴います。

 

実際、ミノキシジルが配合されているリアップにもそのような注意書きが記載されていて、
他の育毛剤を使ってみたくなったら、リアップの使用をやめたほうがいいです。

 

それに、2つの育毛剤を使えば両方の成分が吸収できるわけではなく、
ミノキシジルの吸収をさまたげる恐れもあるので、お金の無駄づかいという観点でもマイナスです。

 

一番気になるのは、副作用のリスクも高まると言われていることで、
「ミノキシジルと他の育毛剤を併用しようかな」という考えはサヨナラしたほうがよさそうです。

育毛剤は一つにしぼって使うのが基本

ちなみに、併用はミノキシジル配合の育毛剤に限った話ではありません。

 

医薬部外品の育毛剤だったら何種類使ってもOKというわけではなく、
基本的に「どれか一つに限定する」のが、育毛剤のベストな使い方と言えます。

 

具体的にどんな成分と相性が悪い?

併用禁忌薬として指定されているのは「ワセリン」と「トレチノイン」、
血圧を下げる薬もミノキシジルの併用禁忌薬です。

 

また、お酒好きな人はツラいですが、アルコールの摂取も気をつけたいです。

ワセリン

アレルギー反応やかゆみが出るリスクが高まるので、併用はやめたほうがいいと言われています。

 

ワセリンとは、皮膚にぬって体の乾燥や水分の蒸発を防ぐものです。

 

頭皮に塗る人はあまりいないと思いますが、鎮痛剤として配合されているケースもあるので、
思い当たったら要確認です。

トレチノイン

トレチノインも、ミノキシジルとの相性が悪いです。

 

肌トラブルを起こすリスクがあるので、併用は厳禁です。

 

トレチノインは、海外ではニキビ治療など皮膚の炎症を防ぐものとして使われています。

 

肌荒れ対策だけでなく、シワやシミの改善にも役立つも言われていて、
海外からわざわざ取り寄せて使う人もいるぐらいです。

 

日本ではあまり出回っていませんが、一部の大学病院や皮膚科などで
軟こうとして処方されるケースがあります。

血圧降下剤(降圧剤)

ミノキシジルは、もともと高血圧を治療する薬として開発されています。

 

なので、血圧を下げる薬を飲んでいる人が併用すると、
必要以上に血圧が下がってしまう恐れがあります。

 

血圧に不安がある人、血圧降下剤(降圧剤)は、
お医者さんと相談してからミノキシジルを検討してください。

アルコールの摂取

アルコールに注意

 

アルコールも、血圧降下剤と同じ理由で要注意です。

 

アルコールは血管拡張作用があるので、ミノキシジルの血管拡張作用とあいまって、
大きく血圧が下がるリスクがあります。

 

ミノキシジルを使っているときは、飲酒にも気を配りたいです。

 

併用できるアイテムはプロペシア

ミノキシジルと併用できる育毛剤は、残念ながらなさそうです。

 

ただ、育毛剤はムリでも、内服薬なら併用できるものがあります。

 

というより、むしろ医療機関が併用をすすめているものがあって、それがプロペシアです。

 

「薄毛克服の最強コンビ」としてクリニックや皮膚科が推奨していて、
併用による危険性はなく、相乗効果があることが実績によって確認されています。

 

別名・飲む育毛剤と言われるくらい、AGA治療では欠かせない存在です。

 

プロペシアはどうして併用できるの?

ミノキシジルとプロペシアが併用可能なのは、役割がそれぞれ違っているからです。

 

ミノキシジルは血管拡張作用、プロペシアは5αリダクターゼの抑制が役割です。

 

お互いの作用を邪魔しないので、飲み合わせも心配いりません。

5αリダクターゼって何?

5αリダクターゼとは、AGAの原因物質・ジヒドロテストステロン(DHT)を生む酵素の一種です。

 

 

薄毛と遺伝のメカニズム

 

 

どれだけ男性ホルモンが多くても、5αリダクターゼと結びつかなければDHTは生まれません。

 

「薄毛の原因を根っこからたたこう!」という目的で、プロペシアは活躍します。

 

併用しないと完治は難しい?!

ミノキシジル

「育毛促進」担当

血行を良くして栄養配達→髪の毛が育つ

プロペシア

「脱毛防止」担当

DHTが生まれないようにする→抜け毛をおさえる

 

こんな風に、薄毛の原因に別方向からアプローチしていきます。

 

「ということは、どっちもそろわないと育毛は難しいんじゃないの?」と気づいた人は鋭くて、
薄毛の改善をゴールするには、むしろ併用しないといばらの道です。

 

根本的に役割分担が違っているので、両方そろってはじめて100%になります。

 

野菜作りにたとえれば、水やりと害虫退治、どちらも欠かさないから立派な野菜が育つのと同じで、
髪の毛も「育毛促進」担当と「脱毛防止」担当がそろうから、たくましく成長できます。

 

 

生え際の薄毛攻略の図

 

 

ミノキシジルとプロペシアのセットは薄毛治療の金字塔的存在でもあるので、
一種類しか使ったことがない人は、併用の効果を実感してみてください!

実力はどちらも折り紙付き

ちなみに、ミノキシジルもプロペシアも、医学的に効果は折り紙付きです。

 

根拠は日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症ガイドライン」で、
プロの精鋭が薄毛治療の効果を5段階で評価しています。

 

 

推奨度一覧

 

 

ミノキシジルとフィナステリド(プロペシアの成分です)は、最高評価の推奨度Aです。
(今のところ、Aの評価はミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドの3つだけです)

 

 

推奨度グラフ

 

 

ひとつひとつでも効果は十分な高さですが、作用が全く違っているので、
併用で相乗効果が期待できると言われています。

 

フィナステリド服用の前に確認したいこと

「生え際の薄毛にはプロペシアとの併用が効果的!」と言ったものの、
一つだけ気になることがあります。

 

それは、フィナステリドの有効性は、遺伝によってある程度決まっていることです。

 

「飲めば誰でも恩恵が受けられる!」というわけでもないので、
やみくもに飲んでもお金をドブに捨てるようなものです。

 

それに、プロペシアはいくつか気になる副作用も報告されているので、
効き目が少ない体質なら、なるべく避けたい薬でもあります。

 

フィナステリドの効き目は薄毛遺伝子検査でわかるので、
気になる人は事前に確認しておくと損しないのでおすすめです。

国内唯一の検査キット?!

AGAドック

薄毛遺伝子検査は、病院か検査キットでできます。ただ、病院に行かずに調べるには、今のところAGAドックしか方法はありません。というのも、国内唯一の遺伝子解析を行う会社だからです。

 

ほっぺの内側を綿棒みたいな棒でくるくる→郵送で終了なので、検査と言っても痛みは全くなく、ムチャクチャ簡単です。(検査結果は2〜3週間で届きます)

 

AGAドックの詳細情報はコチラです

副作用は大丈夫?

フィナステリドは前立腺に影響するので、男性機能の低下が副作用として報告されています。

 

平たく言うと、性欲が減少したり、勃起しなくなったり、精子の量が減少するような、
下に関しての副作用を気にする声が多いです。

 

それに、射精障害や精子形態異常なんて話もあって、字面的にもゾッとする内容です。。

 

薄毛治療の専念なら、命がとられるほどの問題まではいかないですが、
これから子供がほしいと考えている人は、避けたほうがいいです。

 

お医者さんと二人三脚なら安心

でも、お医者さんと相談しながら飲めば、そこまで不安視する必要がなくなります。

 

「リスクのほうが大きいの?」と思わせるようなことを言ってしまいましたが(汗)、

「審査がキビしい!」と言われる日本の厚生労働省はプロペシアの服用を許可しています。

 

個人輸入など素人の独断でプロペシアを服用するのはリスクのかたまりですが、
お医者さんに経過を見てもらいながら服用すれば、安心で安全な正義の味方になってくれます。

個人輸入はリスクが高すぎる

ちなみに、安さ目当てで個人輸入を利用する人もいますが、ハッキリ言ってNGです。

 

日本で定めた法律に基づく確認がされておらず、
効果が得られないどころか有害な物質が含まれている危険性があります。

 

品質や安全性の保証がなく、半分以上が偽物と言われているので、
きちんとお医者さんに処方してもらうのが一番です。

大変な通院は「スマホ」で解決

湘南美容クリニック

「ぶっちゃけ、薬をもらうためだけに来院するのは面倒、、」という人に朗報なのが、湘南美容クリニックです。

 

業界でいち早くスマホ通院を取り入れて、初回をのぞいて薬のためだけにクリニックへ行く手間が省けます(薬は自宅で受け取れます)。通院しないけどお医者さんとは面談できる、いいとこどりなサービスです!

 

湘南美容クリニックの詳細はコチラです

 

関連ページ