薄毛 飲み薬

薄毛の飲み薬といえば?副作用は?ジェネリックでも大丈夫?

MENU

薄毛の飲み薬といえば?副作用は?ジェネリックでも大丈夫?

いくぞう

 

このページでは、薄毛の飲み薬について解説しています。

 

効果のメカニズム、気になる副作用の基本情報から、ジェネリック医薬品との違い、通販の良し悪しなどちょっとマニアックな情報も明らかにしています。


薄毛治療の飲み薬といえば?

塗るタイプ・育毛剤のほかに、飲むタイプの薄毛対策があります。

 

代表的なのはプロペシアで、「飲み薬」といえば大体プロペシアを指しています。

 

プロペシアは、日本で唯一、認可が下りている内服タイプの薄毛治療薬です。

 

プロペシアは、もともと日本で販売されていたものではありません。

 

アメリカのメルク社というところから発表されていた薬で、
その子会社にあたる日本の万有製薬が発表し、日本でも処方が始まりました。

 

厚生労働省には2005年10月から認められて、
全国各地のAGA専門クリニックを中心に流通しています。

 

プロペシアの作用はどんなもの?

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療を目的に開発された薬で、
2型の5aリダクターゼの阻害に効果が期待できます。

 

5aリダクターゼは、テストステロン(男性ホルモン)が
ジヒドロテストステロンに変化するときに影響を与える酵素です。

 

ジヒドロテストステロンは「AGAの原因物質」と言われています。

 

ジヒドロテストステロンが生まれる仕組み

 

ジヒドロテストステロン誕生の仕組み

 

男性ホルモンは、僕らが元気に過ごす以上、切っても切れない存在です。

 

「だったら5αリダクターゼをおさえて、ジヒドロテストステロンが生まれないようにしよう!」
というのが、プロペシアの狙いです。

 

5αリダクターゼ抑制のイメージ

5αリダクターゼ抑制の図@

5αリダクターゼ抑制の図A

 

図のように流れを阻止するために、フィナステリドを配合したプロぺシアが開発されました。

 

フィナステリドとはプロペシアに含まれる成分のことで、プロペシアはその商品名です。「フィナステリド」は成分名、「プロペシア」は商品名と覚えておくと、スッキリします。

プロペシアには年齢制限がある

未成年の場合、まだプロペシアを飲めません。。

 

日本で20歳未満の安全性が確立されていないのが理由で、
国内の臨床試験は、20歳以上の男性を対象に行われています。

 

未成年の人は悔しいですが、成人するまで待つか、
いくぞうのおすすめは食生活でコツコツ工夫を重ねることです。

 

コンビニ飯が簡単に育毛メシになったり、豆乳でプラスアルファも結構ハマります!

 

知っておきたい副作用とは

残念なのは悪い意味での作用もあることで、
プロペシアにはいくつかの副作用が報告されています。

 

その中でも肝臓への負担が大きく、
重大な肝機能障害が起こったという事例が2007年に発表されています。

 

他にも、1%未満の発症率ながら勃起機能不全、射精障害、精液の減少といった
男性器に関する副作用もいくつか報告されています。

 

睾丸痛、精液の質低下(精子形態異常、精子の運動性低下)といった内容もあって、
毎日飲むには抵抗があるという意見も少なくないです。

 

特に、これから子供がほしいと考えている人は、前向きにとらえにくい薬かもしれません。

 

また、男性ホルモンに影響があるので、
男性ホルモンが低下して乳房肥大や乳房圧痛といった女性化のような症状が出ることもあります。

 

ホルモンに作用することから、女性はプロペシアが飲めません。仮に妊娠中・授乳中の女性が服用した場合、男性児の生殖器官の発達に異常な影響を及ぼす可能性があると言われています。

厚生労働省は認可している

とは言っても、イチかバチかな末恐ろしい薬ではありません。

 

厳しいと言われる日本の厚生労働省は、プロペシアの服用に許可を出しています。

 

それに、男性型脱毛症ガイドラインでも最高評価の「A」がつけられていて、

効果に対する根拠がしっかりしていることから、積極的に内服療法をすすめています。

 

推奨度一覧

 

男性型脱毛症ガイドラインとは、一言でいえば「医師の見解のかたまり」です。

 

様々なエビデンスをもとに、薄毛治療の推奨度を決めています。

 

安全度も含めた効果の高さをランク付けしているので、
そこが最高評価を出しているのは、信頼できる大きな事実だと思います。

 

個人輸入・通販で素人判断せず、買うべきところでプロペシアを買えば、
お医者さんが見守ってくれるはずです。

面倒なクリニック通いは「スマホ通院」で!

湘南美容クリニック

とは言っても、「薬をもらうためだけに来院するのは面倒、、」というのが、心の声だと思います(いくぞうもそうです・汗)

 

そんな僕らに朗報なのが、業界でいち早くスマホ通院を取り入れた湘南美容クリニックです。初回をのぞいて薬のためだけにクリニックへ行く手間が省けて、薬は自宅で受け取れます

 

体はそのまま、でもお医者さんと話せるいいとこどりで、削りたいところだけなくして大事なことは残した超理想的なサービスです!

 

湘南美容クリニックの詳細はコチラです

プロペシアにはジェネリック医薬品がある?

ジェネリック医薬品として、フィンペシア、フィナロ、エフペシアといった内服薬があります。

 

主は海外で日本ではあまり見かけませんが、一部では輸入して処方するクリニックもあるようです。

 

「ウチのが格段に安いですよ〜!」なんて言っていたら、ジェネリック医薬品かもしれないです。

ジェネリック医薬品の安全性は?

「ジェネリック医薬品だからリスクが上がる」ということは、特にありません。

 

配合されている成分はプロペシアと同じようにフィナステリドなので、
5αリダクターゼを阻害してくれる働きに違いはないです。

 

「ジェネリック医薬品を通販で激安購入!」なんて考える人もいるみたいですが、
いくら効果が同じで安くても独断はキケン中のキケンです。。

 

クリニックが国の機関やクリニックのチェックが入っているわけではないので、
いくら安くても簡単に飛びつくのはちょっと考えものです。

 

「海外では処方されてるから大丈夫でしょ!」という人は自己責任ですが、

安心と信頼を買う意味でも、対面で処方してもらうクリニックが一番だといくぞうは思います。

 

飲み続けないと戻るの?

残念ながら、答えはYESです。

 

男性型脱毛症ガイドラインは「内服を中止すると効果は消失する」と言っています。

 

ということは、薬に頼らなくてもいい体づくりをする必要があって、
やっぱり生活習慣や食生活は正しくしておく必要があるようです(汗

 

ふりだしに戻る感はありますが、半永久的にプロペシアを飲み続けるよりマシだと思うので、
興味があれば関連ページもチェックしてもらえると嬉しいです!

 

ちなみに、最低継続期間は6ヶ月程度と言われています。

 

関連ページ