毛母細胞 活性化

毛母細胞の活性化、どんなアプローチが必要?

MENU

毛母細胞を活性化、どんなアプローチが必要?

いくぞう

 

このページでは、毛母細胞の活性化について解説しています。

 

毛母細胞が活性化されていないと、次第に薄毛が目立ってハゲてしまいます。ですが、毛母細胞はすぐに死んでしまうわけではないので、対策次第で十分に回復していきます。具体的にどんな刺激を与えれば活性化していくのか紹介しているので、薄毛回復のヒントが得られるかもしれません!


毛母細胞の元気がないとハゲちゃう?

髪の毛が健やかに伸びているのは、毛乳頭の周りにある毛母細胞が、
常に活性化された状態で細胞分裂を繰り返しているからです。

毛母細胞は「毛乳頭の応援団」

毛乳頭と毛母細胞の関係をわかりやすく説明すると、

 

  • 毛乳頭…選手
  • 毛母細胞…応援団

 

このように例えることができます。

 

スポーツで応援団に活気があると選手のやる気が出るように、
毛母細胞が元気だと毛乳頭(髪の毛)もぐんぐんと伸びていくというわけです。

 

ハゲてしまっている人ほど、応援団である毛母細胞がおとなしくなってしまっています。

 

加齢による新陳代謝の不活性、悪性男性ホルモンの影響、紫外線など外部の刺激などが
毛母細胞がおとなしくなる原因として考えられます。

毛母細胞はムチャクチャタフ!

ですが、毛母細胞は簡単に死滅してしまうわけではありません。

 

すぐに死滅するなら、若い人でも髪がすぐ生えてこなくなるということになります。

 

それに、女性が脱毛サロンに通って何回も毛乳頭を消滅させなければいけないのは、
毛母細胞がなかなか死んでくれないからです。

 

毛母細胞の消滅にレーザーを使って対応しますが、
最低6回ぐらいは攻撃しないと完全に消えてくれません。

 

毛母細胞は、それだけもともとの体力がムチャクチャある細胞です。

 

毛母細胞に元気を送る方法とは?

応援団(毛母細胞)が活発に活動できていないのは、
部員(栄養素)が足りていないためなので、部員を募集すれば解決できます。

 

募集すべき存在は、亜鉛、ビタミン、ミネラルです。

 

これらは毛母細胞を活性化させる力を兼ね備えているメンバーばかりで、
日々の食事や育毛剤で定期的に摂取することで、だんだんと毛母細胞も活気づいてきます。

 

具体的な食材で言うと、

 

  • 牡蠣、レバー
  • 果物(グレープフルーツ、いちごなど)
  • 緑黄色野菜(ブロッコリー、パセリ、人参、かぼちゃ、小松菜など)

 

こういった食材を摂取することが必要になりますが、
これだけでは正直、毛母細胞を完全に活性化させるところまではいきません。

 

イメージで言えば、亜鉛やビタミン、ミネラルは地元の学生が入部するようなイメージで、
それよりもっと実績が優れている学生を呼んだ方が、部活も活気づきます。

 

それに当てはまる成分が、ジオウエキス、ニンニクエキス、ヒノキチオール、
褐藻エキス、ミノキシジルなどです。

 

こういった成分を定期的に摂取することで、
毛母細胞が活性化されて、毛乳頭も力を発揮してくれます。

 

毛乳頭の力を発揮することができれば、
抜け毛の量も減っていき髪の毛自体も太くたくましいものになっていきます。

 

血行を良くすることもポイント

人間の体は心臓に近い部位ほど血液量が多く、手足や頭になるほど
毛細血管と呼ばれる細い血管になっていき、血液が流れる管が狭くなります。

 

つまり、人間の末端部分になればなるほど、血液の行き届く量は減っていきます。
(手足が冷たくなったり脳梗塞を起こすのは、毛細血管の血の巡りが悪くなっているからです。)

 

このようなメカニズムから、身体の末端と言える髪の毛にも影響が出やすいと言われています。

 

髪の毛に栄養を送っているのは、何といっても血液なので、血液の巡りの悪さは薄毛の大敵です。

活性化には「二刀流」が最強

毛母細胞が活性化されない人は、よく「育毛剤とサプリメントを併用した方がいい」と言われます。

 

これはとても理にかなっていて、体全体の血液循環をよくするためにサプリメントを摂取し、
頭部にある毛細血管を活性化させるためには育毛剤を使うことが手っ取り早いからです。

 

頭皮からでも、皮下組織を経由して血液循環をよくすることができるので、

毛母細胞の活性化には、サプリメントと育毛剤の2つを使用した取り組みは欠かせません。

 

育毛剤とサプリメントをお得に買うならコレ!といくぞうが太鼓判をおしているのはチャップアップの定期便です。サプリメント代はどこに行った?!と開いた口がふさがらない低価格が嬉しいです!