育毛サプリ 効果

育毛サプリで効果が出る人はいない?その作用とは

MENU

育毛サプリで効果が出る人はいない?その作用とは

いくぞう

 

このページでは、育毛サプリの効果や効能について解説しています。

 

育毛サプリは「単体で使用しても効果が出ない」という声が大半です。育毛サプリの作用を詳しく分析しているので、「育毛サプリなんて使う必要ないんじゃないの?」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてください!


育毛サプリは育毛の補助的存在

育毛剤を単体で使っている人はよくいますが、育毛サプリを単体で使う人はなかなか見かけず、
「育毛サプリに強い作用があるわけではない」というのは、僕ら共通の認識だと思います。

 

育毛サプリは、育毛シャンプーや育毛剤と併用してこそ効果を発揮します。

 

配合されている成分は比較的緩やかな作用が中心で、
副作用が出やすい人や体調面の管理も並行して行いたい人に人気のあるアイテムです。

 

例えば、「プロペシアを使っていたけど、副作用が出るから代わりになるものが欲しい」、
「育毛剤だけだとイマイチ効果を感じられないから、体内からの体質改善をしていきたい」など、
育毛サプリは薄毛治療のサポート役として利用される機会が多いものと言えます。

 

具体的にはどんな効果がある?

成分を詳しく見ていくと、頭皮の状態を良くしてくれるもの、健康面の手助けとなるもの、
男性型脱毛症の原因になっているDHTを抑制してくれるものなどがあります。

 

ここでは、育毛に特に欠かせない「二大成分」にスポットライトを当てていきます。

イソフラボン

男性ホルモンの生成を抑制し、女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用を発揮します。

 

ホルモンバランスを整えるのに欠かせず、
髪の生成に役立つたんぱく質を作り上げるときにも必要な成分です。

 

安全性が高いので、育毛サプリメントに入っているケースが多いです。

ノコギリヤシ

特に男性には欠かせない成分で、男性型脱毛症の原因になるDHTの抑制作用が期待できます。

 

DHTを抑制するものと言えば、内服薬のプロペシアが有名ですが、
体調の異変を訴える人も少なくなく、安全面ではちょっと不安の残る薬です。

 

なので、多少作用がおとっても、安全性が高いDHT抑制効果がある
ノコギリヤシを取り入れようという人が多くなっています。

目印は育毛二大成分

育毛サプリを選ぶときは、イソフラボンノコギリヤシ、この2つは欠かせません。

 

この2つが入っていないと「ただのサプリ」と言ってもいいぐらい、
髪に大きな影響を与えてくれる必要不可欠な育毛二大成分です。

 

他にも、血流を良くするLアルギニン、血管の硬直を防ぐコラーゲンペプチドも人気の成分です。

 

いくぞうが自信をもってオススメするのはプランテルサプリです!イソフラボン・ノコギリヤシはもちろん、育毛ケアに必要な精鋭の成分がギュ〜ッ!とまとまった頼もしいサプリメントです!

 

育毛サプリはどんな人に向いている?

育毛サプリは、次のような人に特に向いています。

 

  • 高齢の人
  • 心臓が弱い人
  • 肝臓が弱い人
  • 不整脈の人
  • プロペシアで副作用があった人
  • 育毛剤だけでは効果がなかった人

 

上記のように、ちょっと体調面に不安があったり、
他の薄毛治療アイテムで効果がなかった人に、育毛サプリはオススメです。

 

そもそも育毛サプリは医薬品ではないので、
普通に薬局やドラックストアで購入できる誰でも使えるアイテムです。

気長なお付き合いが前提

育毛サプリは、過剰な摂取をしても効果が上がるものではありません。

 

継続していくと「なんとなく効果が上がってきたかな」というぐらいなものなので、
効果が出るまで気長に待つ必要があります。

 

ですが、体の内面から改善する作用はあるので、
頭皮だけのケアよりも効果が高まるというのは非常に理にかなっています。

 

 

関連ページ