育毛剤ミノキシジル ポラリス

育毛剤でミノキシジルが入ったポラリスの効果がスゴイ?

MENU

育毛剤でミノキシジルが入ったポラリスの効果がスゴイ?

いくぞう

 

このページでは、海外で販売されているミノキシジル配合の育毛剤ポラリスシリーズについて解説しています。

 

日本ではまだ取り扱われていませんが、効果がスゴイと評判です。ポラリスはいくつかの種類に分かれていて、それぞれ成分も異なります。「日本の育毛剤ではパンチが足りない、、、」という人は、参考になるかもしれません!


実は、日本ではふつうの育毛剤のようにポラリスは販売されていません。。その理由と打開策はページの最後で説明しています。

ポラリスってどんな育毛剤?何種類ぐらいあるの?

ポラリスは、ポラリスリサーチラボラトリーズというアメリカの会社が発売している育毛剤で、
会社名がつけられていることからも、ポラリスを看板商品として扱っていることがわかります。

 

全部で5種類あり、深刻な薄毛患者(男性型脱毛症の人)にも効果があると評判です。

 

  • ポラリスnr-07
  • ポラリスnr-08
  • ポラリスnr-09
  • ポラリスnr-10
  • ポラリスnr-11

 

ポラリスといっても1種類だけではなく、それぞれ少しずつ成分が違っています。

 

育毛剤とはちょっと別枠ですが、これに加えて
ポラリスnr-02という育毛効果が期待できるシャンプーも販売されています。

 

これら全てに共通しているのは、ミノキシジルが配合されていることです。

 

ミノキシジルといえば男性型脱毛治療に有効とされる成分で、
日本皮膚科学会からも高い評価をうけている成分です。

 

海外の育毛剤にも配合されていることから、
ミノキシジルは万国共通で効果が高いと認識されていることがわかります。

 

ポラリスがスゴイと言われるワケ

日本でも、わざわざ海外からポラリスシリーズを取り寄せて使っている人が多くいます。

 

ミノキシジルが入っているものなら日本でもリアップがあるのに、
どうしてわざわざ取り寄せるの?と不思議に思う人もいるかもしれません。

 

ですが、リアップと違うところは、ミノキシジルの配合量がとにかく多いということです。

 

ポラリスnr-07はミノキシジルが5%なのでリアップと変わりませんが、
他の商品はすべてリアップを超える量のミノキシジルが配合されています。

 

簡単にまとめると、

 

  • ポラリスnr-08:ミノキシジル7%
  • ポラリスnr-11:ミノキシジル12%
  • ポラリスnr-09:ミノキシジル15%
  • ポラリスnr-10:ミノキシジル16%

 

このように、ミノキシジル配合量の多さがポラリスシリーズの最大の特徴です。

日本ではアリエナイ組み合わせ

ポラリスとリアップをさらに比べると、ミノキシジルと一緒に入っている成分も大きく違います。

 

ポラリスには、ミノキシジルのほかにアゼライン酸やフィナステリドなどが入っていて、

ミノキシジルとフィナステリドが両方とも入っている製品なんて、日本では一つも見当たりません。

 

日本でいうフィナステリドは内服薬タイプのプロペシアが有名で、
育毛剤のように外用として頭にぬったりして使うことは日本ではありません。

 

どうして日本では販売されていない?

そもそも論になってしまいますが、ポラリスは海外の育毛剤なので、
日本で販売することを前提として作られていないことが大きな理由です。

 

ポラリスの製薬会社が日本にもあって「日本でも売るぞ!」と会社が考えれば、
厚生労働省の認可を求めて申請するはずですが、そこまではしていないのが実情です。

 

なので、現段階では日本で購入することはかないそうにありません。

どうしても欲しい場合は

ですが、日本に住んでいる限り何をしても買えないというわけではなく、
唯一の方法は海外の医薬品を取り扱っている個人輸入代行業者から購入することです。

 

「それってちょっとこわいんですけど」とドキッとなるかもしれませんが、
個人の使用目的で海外から薬を取り寄せることは、転売目的でなければ合法です。

 

ですが、厚生労働省は個人輸入代行業者を使って薬を入手することをあまり勧めていません。

 

「全ては自己責任!」とムチャクチャ念をおしているくらいなので、
そういった背景も考えるとあまり気軽に入手できるものではないなといくぞうは思います。

 

ポラリスの代用アイテムとして、いくぞうはTHE SCALP 5.0Cを推薦します!ミノキシジルの長所を伸ばして短所を無くした、ポラリスに匹敵する日本屈指の育毛剤です!