養毛剤 男性

養毛剤、男性にとって効果的なのか検証!

MENU

養毛剤、男性にとって効果的なのか検証!

いくぞう

 

このページでは、養毛剤の効果について紹介しています。

 

最近は「育毛剤」という名前の方がメジャーになってきて、養毛剤という言葉はあまり聞かなくなりました。どちらかというと、養毛剤は「おばあちゃんのヘアケアに使うもの」という印象が強いかもしれません。養毛剤の効果や作用を検証し、どんな特性があるのか見ていくので、薄毛に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!


養毛剤ってそもそもどんなもの?

髪の毛をケアする商品には、発毛剤と育毛剤と養毛剤があります。
(独自のやり方で「発毛促進剤」と呼ぶこともありますが、ここではちょっと無視していきます)

 

この中で、養毛剤の役割と言えば、髪の毛を健やかに取り戻すことです。
例えば、髪が細い人は太くなるように栄養を与えたり、パサついている人には保湿性を与えます。

 

つまり、本来の正常な髪ではなく、髪質に変化が現れ、元の状態に戻したい人が使うものです。

 

それに対し、育毛剤や発毛剤は、薄毛や産毛になっている部分を改善するものです。
特に、発毛剤は医薬品としての取り扱いになり、血管拡張作用を与えるなど効能が大きく違います。

 

効果をわかりやすく表記すると、

 

発毛剤>育毛剤>養毛剤

 

のような順番になります。

 

ちなみに分類としては、発毛剤が医薬品、育毛剤が医薬部外品、養毛剤が化粧品です。

 

ただ、育毛剤と養毛剤の分類は明確な取り決めがないので、
製造元次第では育毛剤になったり、養毛剤になったりするのが現状です。

 

養毛剤は髪がある人が使った方が良い?

「この成分が入っているから育毛剤、この成分がないから養毛剤」
などと明確な基準がないので判断が難しいですが、

基本的には、養毛剤は髪がある人を前提に成分が配合されています。

 

例えば、養毛剤の成分を見てみると、頭皮を清潔に保つヒノキチオールやIメントール、
グリチルリチン酸2Kなどの成分が多い傾向にあります。

 

一方、育毛剤は血液循環を促したり、血流を増幅させるようなものが中心に配合されていて、
センブリエキスや人参エキス、トウキエキス、セファランチンなどがその最たる例です。

 

養毛剤は、今ある髪の毛を改善する作用、育毛剤は血行状態をよくして髪の毛を太くしたり、
抜け落ちないようにするといった意味合いが強いです。

 

成分が与える意味合いを考えれば、

すでに地肌が見えてきて薄毛が目立ってきている人は、
養毛剤よりも育毛剤を使った方が効果を感じることができます。

 

さらに薄毛が深刻化していて発毛を促す必要があるというときは、発毛剤の使用がベストです。

 

髪の状態によって、どれを選択すべきか考慮したいところです。

 

「ハゲ」の自覚がある人は発毛剤を使用すべし!

大きなくくりで言うと、育毛剤と養毛剤の効果は、
どちらも発毛を促すものではないので、そんなに変わりません。

 

発毛を促すことができる成分は、血管拡張作用のあるミノキシジルのみで、
現在の医学検証では、ミノキシジルが配合された成分のみ発毛剤として認められています。

 

ミノキシジルは、育毛について検証した「男性型診療ガイドライン」でも認められています。
ですが、副作用の指摘もあり、実際に使うには医師の判断を仰いでから使用する必要があります。

 

ただ、髪の心配をするのは、髪の毛がパサついたり抜け毛が気になってきたという人が多いので、
そう考えると、いきなり発毛剤を使うより、育毛剤や養毛剤から試す方が得策と言えます。