M字ハゲ 回復

M字ハゲを治す秘訣は?生え際3つの悪条件を制して回復

MENU

M字ハゲを治す秘訣は?生え際3つの悪条件を制して回復

いくぞう

 

このページでは、M字ハゲの回復について、原因から対策まで解説しています。

 

M字部分は発毛に不利な条件がそろっていて、これを知っているかどうかで治療の効率が変わります。

 

0円でできる方法から、M字ハゲを有利に治す最強治療コンビまで紹介しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。


M字ハゲは回復するの?

治療法は症状によって異なるものの、M字を回復できるかどうかと言えば、治せます。

 

ただ、生え際は頭皮の中でも発毛に不利な条件がそろっている場所です。

 

特徴をおさえておくと有利に回復できるので、M字の3つの悪条件から解説していきます。

 

生え際を追い詰める3つの悪条件

1.5αリダクターゼが多い

M字部分は、頭皮の中でも特に5αリダクターゼが多い場所です。

 

5αリダクターゼとは、男性ホルモンをAGAの原因物質に変えてしまう酵素です。

 

AGAの原因物質は「ジヒドロテストステロン」という名前で、
5αリダクターゼと男性ホルモンが結びついて生まれます。

 

 

ジヒドロテストステロンが生まれる仕組み

 

ジヒドロテストステロン誕生の仕組み

 

 

「男性ホルモンが薄毛の原因じゃない」と言われるのはこの理論で、

どれだけ男性ホルモンが多くても、5αリダクターゼと結びつかなければそこまでハゲません。

 

ハゲを回復するには5αリダクターゼをおさえる必要がありますが、
生え際は5αリダクターゼがうじゃうじゃいるので、ちょっとやそっとの対策では劣勢のままです。

 

どれだけパンチをきかせて5αリダクターゼを抑制できるかが、克服のカギです。

2.血管が少ない

M字部分は、血管が少ない場所です。

 

血行が悪くなると髪の毛に栄養が届かなくなるので、抜け毛が増えやすくなります。

 

(髪の毛を育てる栄養は、血液に乗って運ばれます)

 

栄養配達ルートが少ないので、血行不良はM字ハゲにとって致命的です。

3.皮膚がかたくなりやすい

生え際は顔の皮膚に近く、顔の表情の影響を受けやすい場所です。

 

毎日こわばった表情をしていると、M字部分も緊張して血行が悪くなって、抜け毛につながります。

 

もともと生え際の皮膚はぶにょぶにょしていないので、
やわらかくない場所に追い打ちをかけないようにしたいです。

 

条件ごとの対策法は?

M字部分の3つの悪条件に対抗するには、こんな方法がおすすめです。

 

それぞれを詳しく紹介していきます。

 

対策@5αリダクターゼを抑制する

M字部分は5αリダクターゼの無法地帯なので、どれだけおさえられるかが回復のコツです。

 

プロペシアのような薄毛治療薬に頼る方法もありますが、

食事でも対策できるので、5αリダクターゼの抑制に役立つ食べ物を紹介します。

イソフラボン

1日に必要とされる摂取量は、40〜50mgです。

 

イソフラボンと言えば豆乳に豊富なイメージですが、こんな食材でも摂取できます。

 

大豆食品

 

 

でも、一番おすすめなのは豆乳で、1食あたりのイソフラボン含有量が断トツだからです。

 

1食あたりのランキング

順 位

食品名

平均含有量

1食分ってどれくらい?

1位

豆乳

46.8mg

コップ1杯

2位

豆腐

40mg

半分(冷奴サイズ)

3位

納豆

36mg

1パック

4位

きな粉

19mg

大さじ2

5位

煮大豆

13mg

30g

6位

油揚げ

12mg

1枚

7位

大豆

11.2mg

8g(約22粒)

8位

味噌

6mg

味噌汁1杯

9位

醤油

0.08mg

1かけ

 

調理不要で飲むだけのお手軽アイテムなので、毎日続けるとしても負担が少ないです。

 

豆乳の種類をくわしく知りたい人は、こちらのページで深掘りしています。

亜鉛

亜鉛の1日の必要摂取量は、10mgです。

 

「楽勝な量じゃん!」と思いますが、亜鉛をたくさん含む食材はマイナーぞろいなのが難点で、
できるだけ身近な食材を集めても

 

亜鉛が多い食材一覧

 

こんな感じです(汗

 

ふつうの食事で摂取していくのが難しく、亜鉛のサプリメントが大人気な背景もここにあります。

 

ちなみに、亜鉛は一回の射精で1〜7mg、
大量の汗をかくだけでも1〜4mg失うと言われています。

 

健全男子は特に亜鉛が不足しやすいので(笑)、
亜鉛は「摂りすぎぐらいがちょうどいい」と考えて大丈夫です。

サプリで亜鉛を摂るなら

海乳EX

いくぞうが太鼓判を押す亜鉛サプリは、海乳EXです。

 

牡蠣の亜鉛パワーに特化したサプリメントで、1日たったの2粒で亜鉛12mg摂取することができます。

 

1日60円台という安さが話題になって、人気が爆発しました。

 

海乳EXの詳細情報はコチラです

対策A血液をサラサラに

血管が少ないM字部分にとって、ドロドロな血液は栄養が届きにくくなるので大敵です。

 

ビタミンCとビタミンEは血行促進作用を与えてくれるので、
血液サラサラの第一歩に役立ちます。

 

  • 生姜、ネギ、玉ねぎ

生姜・ネギ・玉ねぎ

 

  • ゴボウ、にんじん

ゴボウ、にんじん

 

  • イチゴ、レモン

イチゴ、レモン

 

対策B皮膚をやわらかくする

M字部分は皮膚がかたくなりやすいので、外部から刺激を与えてやわらかくします。

 

おすすめはツボ押しで、薄毛に嬉しい作用が期待できる3つのツボを紹介します。

 

 

百会(ひゃくえ)

角孫(かくそん)

湧泉(ゆうせん)

 

 

3番目のツボは足裏ですが、ストレスは血行不良をもたらす大きな要因なので、
ツボ押しで少しでも軽減しておくといいです。

 

2〜3分くらいを1日数回、0.5ミリぐらい押すような力加減で続けていきます。

 

ギュッギュッと力任せにやると逆効果になりかねないので、
赤ちゃんのほっぺに触れるようなイメージで押してみてください。

 

手っ取り早く改善したい場合

「ちびちびじゃなくて、1日でも早く回復したいんだよ!」という人は、
クリニックへ行くのが効率的です。

 

食事や頭皮マッサージは無意味というわけじゃないですが、
プロ野球選手になるならプロに教わりたいと思うのと同じで、
薄毛もその道のプロに診てもらうのが一番です。

 

クリニックの門をたたくのは勇気がいりますが、
気になる費用面や通院の負担を軽くするサービスに積極的なクリニックが増えています。

 

「もっと早くクリニックに行っておけばよかった」と後悔でいっぱいな薄毛治療の玄人もいるので、
興味がある人は前向きな検討で正解です!

大変な通院は「スマホ」で解決

湘南美容クリニック

「ぶっちゃけ、薬をもらうためだけに来院するのは面倒、、」という人に朗報なのが、湘南美容クリニックです。

 

業界でいち早くスマホ通院を取り入れて、初回をのぞいて薬のためだけにクリニックへ行く手間が省けます(薬は自宅で受け取れます)。通院しないけどお医者さんとは面談できる、いいとこどりなサービスです!

 

湘南美容クリニックの詳細はコチラです

M字ハゲ回復の最強コンビ

「クリニックに行ったら、どんな薬がもらえるの?」というと、
ミノキシジル配合の育毛剤と、プロペシアという飲み薬が処方されるケースが多いです。

 

クリニックでは王道とも言われる組み合わせですが、
M字ハゲを治すには最強レベルのコンビネーションで、効果はあなどれません。

 

それぞれの役割は、

  • ミノキシジル:「発毛」担当
  • プロペシア:「抜け毛予防」担当

 

一見、「発毛だけでいいんじゃないの?」と思いますが、

M字部分は「5αリダクターゼの無法地帯」という特殊な場所なので、
5αリダクターゼの対策をしっかりしないとプラスに変わりません。

 

プロペシアに含まれる成分・フィナステリドには、5αリダクターゼを抑制する効果があるので、
生え際には欠かせない強力アイテムです。

 

ミノキシジルで発毛しながらフィナステリドで5αリダクターゼをおさえる、
これがM字ハゲ回復の極意です。

 

生え際の薄毛攻略の図

 

プロペシアを飲む前に確認したいこと

実は、フィナステリドの効き具合は、遺伝によってある程度決まっていることがわかっています。

 

命にかかわるレベルではないですが、副作用の報告がある薬なので、
効き目を知ってから服用するのが理想です。

 

薄毛遺伝子検査で知ることができて、病院か検査キットで調べられます。

 

余裕がある人は、事前のチェックがおすすめです。

国内唯一の検査キット?!

AGAドック

病院に行かずに調べるには、今のところAGAドックしか方法はないです。というのも、国内唯一の遺伝子解析を行う会社だからです。

 

検査と言っても痛みは全くなく、ほっぺの内側を綿棒みたいな棒でくるくる→郵送で終了なので、ムチャクチャお手軽です。(検査結果は2〜3週間で届きます)

 

AGAドックの詳細情報はコチラです

うわさのHARG療法ってどう?

治療法の一つに、HARG(ハーグ)療法があります。

 

毛母細胞に直接働きかけて成長のスイッチを入れる方法で、
栄養剤や成長因子を、針で頭皮に注入していきます。

 

発毛率は脅威の「99%」と言われていて、40代・50代にも治療の効果がてきめんと評判です。

 

期間は6ヶ月くらいが一般的で、1ヶ月弱に1回のペースで治療していきます。

 

HARG療法の流れ

 

日本での立ち位置は「まだまだ」が現実

ただ、日本皮膚科学会の見解によると、あまり高評価ではありません。

 

情報元は「男性型脱毛症ガイドライン」という、
皮膚科のプロが薄毛治療の効果を徹底検証した資料です。

 

評価は5段階で、

 

推奨度一覧

 

 

HARG療法はどの評価かというと、まさかの下から2番目の「C2」です。

 

 

推奨度グラフ

 

 

低評価な理由は、

 

  • 限られた施設における、倫理委員会の承認を必要とする先進医療の段階にある
  • 今後が期待できるが、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」などの法規に則って施術する必要のあるものも多く、まだ一般に実施できるとは言い難い

 

まとめると、すごいけど、まだ準備段階だからそんなに高い推奨度にできない、という感じです。

 

ちなみに、ミノキシジルの育毛剤とプロペシアは、両方とも「推奨度A」です。

 

しかも、推奨度Aがつく治療法は、今のところ3つのしかありません。

 

やっぱり「ミノキシジル育毛剤とプロペシア」が、M字ハゲ回復のナンバーワンと言えそうです。

 

 

関連ページ