薄毛の進行を止める対策

薄毛の進行を止める対策4選|AGA治療薬から気軽な方法まで勢揃い

MENU

薄毛の進行を止める対策4選|AGA治療薬から気軽な方法まで勢揃い

いくぞう

 

このページでは、薄毛の進行を止める対策を紹介しています。

 

AGA治療薬のような本格的な対策から、毎日の生活の中でできる身近な対策まで取り揃えています。

 

薄毛が進行する原因、気になる薄毛治療の薬の費用も病院とクリニックで比較しているので、より納得してぴったりな改善方法が見つかると思います!


薄毛の進行を止めるには

いろんな改善方法があると思いますが、いくぞうは4つの対策を提示します。

 

 

特に効果的で期待値が高い方法は1なので、まず薄毛治療薬について詳しく説明していきます。

 

対策1.薄毛治療の薬を飲む

薄毛の進行を止める一番の対策はプロペシアを飲むこと

薄毛治療の薬として名高いのは、プロペシアです。

 

プロペシアの実力は、今の日本の薄毛治療の中で3本の指に入るぐらい効果的と言われています。

 

芸能人の御用達とも言える存在で、ナインティナインの岡村隆史さん、
雨上がり決死隊の宮迫博之さんもプロペシアで薄毛を克服したと言われています。

 

薄毛の進行を止める薬として、芸能界でもプロペシアは活躍しています。

 

 

 

プロペシアの販売会社・MSDの会社の検証によると、
約60%の人に効果が出ているということがわかっています。

 

つまり、10人飲んだら6人に薄毛改善効果が見られたという数字で、
ここまで好成績な薄毛治療はなかなかないと言われています。

 

プロペシアは10人に6人の割合で効果が出ていると言われている

 

専門家も太鼓判を押している

日本皮膚科学会が作成している「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると、

フィナステリド(プロペシアの成分名です)の評価は最も高い「推奨度A」がつけられています。

 

日本皮膚科学会作成「男性型脱毛症診療ガイドライン」の評価内容

 

他に推奨度Aと評価されているのは、今のところミノキシジルとデュタステリドです。

 

日本皮膚科学会作成「男性型脱毛症診療ガイドライン」の最高評価がつくのはたったの3つ

 

最高評価たった3つのうちの一つなので、
プロペシアは薄毛の進行を止めるのに相当期待できる薬と言えます。

 

プロペシアの費用

値段は病院やクリニックによって異なりますが、

1ヶ月あたり7,500〜9,000円が相場になっています。

 

ページの途中で詳しく説明しますが、
病院よりクリニックのほうが価格設定が安くなっている傾向があります。

 

なるべく安く購入したい人は、AGA専門クリニックから検討するのがおすすめです。

 

ちなみに、プロペシアは保険診療にならず、全額自己負担になります。

 

効果を得るまでに最低6ヶ月は服用するのが理想と言われているので、
5万円前後の費用がかかることを覚悟しないといけません(汗

 

数百円でも安いことに越したことはないので、
価格設定をより低くしているクリニックを探すことが節約のカギになります。

全国最安値に挑戦しているクリニック

湘南美容クリニック

薬代をトコトン削りたい人は、湘南美容クリニックが協力者です。AGA治療薬の安さに力を入れていて、初回1ヶ月分1,800円、2回目以降3,000円で手に入るプランは他クリニック泣かせです。

 

スマホ通院もでき、2回目以降の診察はオンライン上で薬は自宅に届くシステムも導入しています。薬を買うためだけに来院する負担を減らす工夫も取り入れています。

 

湘南美容クリニックの詳細はコチラです

プロペシアの副作用

プロペシアには、副作用のリスクがあることがわかっています。

 

具体的には性欲減少などが報告されていて、命がとられるほどの副作用ではないですが、
子供が欲しいと考えている人は飲まない方がいい薬です。

 

「薄毛の進行を止めたい、、、だけどプロペシアは飲めない。。」という場合、
ノコギリヤシで手を打つ人もいます。

 

ノコギリヤシはプロペシアの代用成分として注目されていて、
プロペシアに比べてパワーは劣りますが、安全性も考慮したい人から支持されています。

 

 

プロペシアはどこで買える?

プロペシアを買うには、医師の処方箋が必要です。

 

なので、病院かAGA専門クリニックに足を運ぶ必要があります。

 

病院に行くなら、科は皮膚科が妥当です。

 

プロペシアの購入に限らず薄毛治療や相談を病院でしたい場合は、
皮膚科が窓口になると考えてOKです。

処方箋なしの購入は絶対避けて

個人輸入を利用して通販でプロペシアを購入する人もいるようですが、これは絶対にNGです。

 

そもそもプロペシアの処方は医師の処方箋がマストで、厚生労働省も強く警鐘を鳴らしています。

 

 

来院の手間が省けたり、安く買えることを目当てに危ない橋を渡る人もいるようです。

 

でも、個人輸入の多くは偽物だったり、不衛生な場所で製造されているなど
見えないリスクをたくさん含んでいるのが実情です。

 

得られるメリット以上にデメリットが大きいといくぞうは考えています。

 

スマホ通院のように、通院の負担をなるべく減らそうと考えるクリニックも現れています。

 

素人判断で突っ走るのではなく、プロである医師と一緒に服用するのが賢い方法です。

 

プロペシアの費用の比較

プロペシアの値段は、統一されていません。

 

しかも、病院とAGA専門クリニックの間でも価格設定の相場が違っています。

 

結論から言うと、AGA専門クリニックの方が費用をおさえている傾向があります。

病院の費用
京 都 7,280円
神奈川 8,000円
岡 山 8,000円
埼 玉 8,200円
茨 城 8,500円
富 山 9,000円
栃 木 9,000円
広 島 9,000円
東 京 9,290円
長 崎 10,000円

 

8,000円台と9,000円台がトントンという感じです。

 

1ヶ月あたり8,500円前後と思っておくとよさそうです。

AGA専門クリニックの費用
福 岡 7,000円
静 岡 7,300円
大 阪 7,500円
東 京 7,560円
愛 知 7,800円
奈 良 7,980円
埼 玉 8,000円
兵 庫 8,600円
宮 城 8,640円
千 葉 9,000円

 

7,000円台が目立ちます。

 

高くても8,000円台、7,500円くらいが相場と見ておけば大丈夫そうです。

 

ざっくり比べた感じにはなりますが、クリニックの方が1,000円くらい安い相場になっています。

 

薄毛治療を「専門」で行っている強みが、値段の差として出ているんだと思います。

 

もっとライトな方法で対策したい人は

最も効果的とは言え、病院やクリニックに行くのはなかなか勇気がいることだったりします(汗

 

「もっと手軽な方法がいい!」という人向けに、薄毛の進行を止める残り3つの対策を紹介します。

対策2.シャンプーを見直す

育毛シャンプーを使うことは薄毛の進行を止める対策になる

 

薄毛になりやすい状態は、髪の毛や頭皮にとって過剰な成分が原因になっている場合があります。

 

ついつい安いシャンプーを選びがちですが、
成分にこだわったいいシャンプーを使うことが薄毛改善の第一歩になってきます。

 

いいシャンプーとは、石油系界面活性剤を使っていないことがポイントです。

 

石油系界面活性剤は、シャンプーの洗浄力をあげるために使われる成分です。

 

これを使うと安く洗浄力をあげられるので、コストがういてシャンプー自体の値段を安くできます。

 

市販のシャンプーは値段勝負でもあるので、
1円でも10円でも安くなるのは企業にとってかなり嬉しいことです。

 

ただ、石油系界面活性剤には強いタンパク質融解作用があるので、
タンパク質でできている髪の毛にとっては驚異的なダメージがあります(涙

 

育毛のことを思えば、石油系界面活性剤は避けるべき成分です。。

 

なのに、コストをうかして安い値段にするのが目的で使われることも多く、
消費者より会社の売上を優先しているとも言えます。

 

正直市販のシャンプーより値は張りますが、
髪の毛のためには石油系界面活性剤を使っていないシャンプーに切り替えていくのが理想です。

 

 

対策3.育毛剤を活用する

育毛剤を使うことは薄毛の進行を止める対策になる

育毛剤は、髪の毛を増やすというより頭皮環境を整えるのに役立ちます。

 

育毛剤の多くは抜け毛の「予防」が目的なので発毛は望めませんが、
抜け毛を防ぐ環境にするという意味ではムチャクチャ役立ちます。

 

頭皮は髪の毛の土台なので、ここをケアしてあげるのは想像以上に根本的な対策になります。

いくぞうが手放せなくなった育毛剤

M-1育毛ミスト

いくぞうはM-1の大ファンです(笑)言葉で表現するのが難しいのですが、「髪の毛が喜ぶってこういうことなんだ!」と実感した育毛剤です。

 

「本当についてるの?!」というくらいさっぱりな使用感なのですが、お風呂上がりにM-1をつけてからドライヤーするとサッラサラに仕上がり、外出前にM-1をつけてくしでとかすと寝ぐせもキレイになります(驚

 

頭皮もぷるぷるに潤うような感覚があって、M-1を使うのがいくぞうの毎日の楽しみの一つです。

 

M-1の詳細情報はコチラです

対策4.サプリメントで補う

サプリメントを飲むことは薄毛の進行を止める対策の一つ

不規則な食生活は、抜け毛を増やす原因の一つです。

 

とは言えいきなり「外食をやめろ!」「野菜をたくさん摂れ!」と言われても無理があります(汗

 

乱れた食生活をフォローしてくれるのがサプリメントで、
足りない栄養素を「飲むだけ」ですむ最強楽ちんアイテムです。

 

しかも、育毛に力を入れるサプリメントは髪の毛にいい成分を厳選して配合しています。

 

食生活のフォローに加えて一石二鳥の役割を果たしてくれるので、
めんどくさがりな人にも嬉しい手軽さが魅力です。

プロペシアの代用アイテムとして感謝の声が続出

プランテルサプリ

プランテルサプリは、育毛剤・プランテルでおなじみの販売会社から誕生した育毛サプリです。

 

亜鉛・大豆イソフラボン・ノコギリヤシなど育毛を後押しする成分を特濃で配合し、どんな育毛剤とも併用できるように調合されているのも嬉しいです。

 

ユーザーレビューでは「プロペシアを飲まなくてよかった」という声もあり、プロペシアに抵抗を感じる人の支えにもなっているサプリメントです。

 

プランテルサプリの詳細情報はコチラ

薄毛を一時的にカバーしたい場合

薄毛の進行が止まるまで、おしゃれに薄毛を隠す方法があります。

 

それは、髪型を整えることです。

 

同じハゲでも外国人はかっこよく見えるのには理由があって、
その原理にのっとれば僕らもオシャレになれることが報告されました。

 

 

全体的に短髪、サイドは刈り上げてトップに少しだけ長さを残す髪型でクリアできます。

 

いわゆる「ソフトモヒカン」や「ツーブロック」です。

 

 

 

高さをつくることがポイントなので、
丸坊主ではなく遊び心を楽しむつもりでチャレンジしてみてください。

 

また、明るいカラーリングは頭皮の色と近づくので、
もっと薄毛を隠したい人、イケイケ感を出したい人は明るいカラーで髪の毛を染めるのもアリです。

 

薄毛が進行する原因とは

よく、「男性ホルモンのせいで薄毛が進行するんだ〜」と言われたりしますが、
男性ホルモンだけが薄毛の原因というわけではありません。

 

男性ホルモンの分泌自体は、10代や20代の若い頃からも発散されています。

 

黒幕は、もう一つの原因物質である還元酵素が増えてしまうことが原因です。

 

この原因物質をできるだけ抑えるには、日常生活がカギを握っています。

 

  • 規則正しい食生活を送る
  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスをためない
  • 適度に運動を行う
  • タバコは吸わないようにする

 

このようなことを意識すると、還元酵素をおさえることにつながります。

 

「ありがちな内容なんですけど」と思うかもしれないですが、
髪の毛を作り出すために必要な血液循環の向上には欠かせないことばかりです。

 

例えば、脂っこいものばかり食べているとコレステロール値が上がって、
血管の中で固まってしまうリスクが増えます。

 

その結果、動脈硬化や血管の収縮を招いてしまいます。

 

コレステロール値を下げるには、そういった物質を溶かす作用のある
「飽和脂肪酸」を同時に摂取するのがいいです。

 

 

また、タバコの吸い過ぎも注意が必要です。

 

タバコに含まれるニコチンは、血液内に侵入して血管の収縮と血圧の上昇を招きます。

 

その結果、血管壁にダメージが残って、コレステロールが溜まりやすくなります。

 

薄毛が進行するのは何歳ぐらいから?

個人差はありますが、男性なら30代後半から40代にかけて、
女性なら40代後半から50代にかけて薄毛に悩む人が増える傾向があります。

 

髪の毛だけがおとろえるというよりも、
肉体がおとろえる年齢に伴って薄毛も進行しやすいということがわかっています。

 

年齢を重ねると血管が収縮しやすい傾向にあって、
その結果、髪の毛が栄養素不足になって薄毛が進行する状況が生まれます。

 

男性の場合、男性ホルモンの分泌と薄毛の原因となっている
5aリダクターゼと呼ばれる還元酵素の結合率が高まって、薄毛が発症しやすくなっています。

 

髪の毛が発毛する毛乳頭付近には、
「アンドロンレセプター」と呼ばれる男性ホルモンの受容体があって、
薄毛の原因物質が生まれやすい箇所になっています。

 

この部分は若い頃にはなかった活性酸素が溜まりやすいので、
年齢を重ねると薄毛になる確率も高まってしまう、というわけです。

 

 

関連ページ