育毛剤と育毛シャンプー 違い

育毛剤と育毛シャンプーの違いとは!?成分や作用が違う?

MENU

育毛剤と育毛シャンプーの違いとは!?成分や作用が違う?

いくぞう

 

このページでは、育毛剤と育毛シャンプーの違いについて解説しています。

 

どちらも「育毛を目指すアイテム」ということに変わりはないですが、与える作用や配合されている成分が違います。

 

それぞれ髪にどんな影響を与えてくれるのか詳しく説明するので、あいまいに使っているな、、、という人は是非参考にしてみてください!
育毛に関する知識がより一層深められます。


育毛剤と育毛シャンプーの作用の違いとは

育毛剤と育毛シャンプーでは、頭皮や髪の毛に与える影響が違います。

 

簡単に言えば、

育毛剤は「髪を太くしたり、抜け毛を防ぐために必要な栄養素を送り込むもの」、
育毛シャンプーは「頭皮状態を清潔に保つために、洗浄作用を与えるもの」です。

 

そのため、使用する順番は厳守で、
毎回必ず育毛シャンプーを使った後に育毛剤を使用することが絶対です。

 

このルーティンを守らないと、育毛効果は期待できません。

 

また、育毛シャンプーは薄毛の人だけでなく、
まだ髪の毛が生えている人でも使用した方がいいアイテムです。

 

育毛シャンプーには、脱毛予防効果が期待できる頭皮の保湿性アップ、
皮脂の酸化抑制、フケやかゆみの発症抑制といった作用があります。

 

いわば、お掃除役のような存在で、
頭皮をキレイ且つピカピカにみがいてくれる働きがあります。

 

それに対し、育毛剤はキレイにみがかれた頭皮に、
栄養剤を与える役割があります。
皮下組織まで浸透するような成分が多く含まれていて、
発毛に必要な血行促進作用が強いのが特徴です。

 

育毛剤と育毛シャンプーの成分は違う?

育毛剤と育毛シャンプーの成分を見比べてみると、明らかな違いがあります。

 

一番の違いは、5aリダクターゼを阻害する作用や血行促進作用を与えるものが
育毛剤にの方に多く入っているということです。

 

具体的な成分で言うと、ミノキシジル、塩化カルプロニウム、セファランチン、人参エキスなど
血行促進作用を与えるものは、まず育毛シャンプーには入っていません。
もし入っていても、微量の効果を与えるものしか入っていないはずです。

 

特に、ミノキシジルや塩化カルプロニウムは医療用として使われているぐらいなので、
シャンプーに入ることはありません。

 

また、ジヒドロテストステロンの発症を防ぐ
5aリダクターゼ阻害作用も、育毛剤に多く配合されています。

 

具体的には、アロエエキス、オウゴンエキス、カプサイシン、キャピキシル、
t-フラバノン、ノコギリヤシ、ヒオウギエキス、パルテノライドなどです。

 

比較的、作用が弱いものは育毛シャンプーやサプリメントなどに
配合されているケースもありますが、
基本的には育毛剤に配合されているケースが多いです。

 

育毛剤と育毛シャンプーの正しい使い方について

育毛剤と育毛シャンプーは、併用するのが効果的です。

 

頭皮状態が綺麗になってから育毛剤を塗布すれば、
より一段と育毛剤の成分が皮下組織を通って、毛母細胞に伝わる
可能性が高いからです。

 

毛母細胞に伝われば、細胞が活性化されて血行促進作用が生まれ、
その結果、栄養素が毛根にしっかりと伝わり、太くたくましい毛が育ちやすくなります。

 

そのためには、まず育毛シャンプーを使ってしっかりと洗浄することが大切です。

 

泡をしっかりと洗い落としたら、タオルドライをして水分をふき取ります。
このとき、水分が残っている段階で育毛剤を使ってしまうと、
育毛剤の成分が薄まり効果が半減してしまう恐れがあるので、
しっかりと乾かしてから育毛剤を使用するのがミソです。

 

育毛剤を使うとき、できれば育毛シャンプーとセットになっているものがオススメです。
なぜなら、お互いの成分を意識してかぶらないように製造されているからです。

 

他社メーカー同士の育毛シャンプーと育毛剤を使うときは、
まず最初に成分表を見比べ、成分ができるだけ重複していないかチェックすると
より効果的な組み合わせを選ぶことができます。