薄毛 セルフチェック

薄毛のセルフチェックで原因が判明!その対策とは?

MENU

薄毛のセルフチェックで原因が判明!その対策とは?

いくぞう

 

このページでは、簡単にできる薄毛セルフチェックについて紹介しています。

 

いくつかの項目で自分が該当するものを確かめることで、何が原因か突き止めることができます。

 

わざわざAGA治療クリニックに行かなくても原因が特定できるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください!


セルフチェックで血液循環が悪いか判別!

まずは、下記の質問に当てはまるかチェックしてみてください。

 

  • 野菜をあまり食べない
  • 冷え性
  • 喫煙をする
  • 髪の毛の成長が遅い
  • 睡眠不足

 

該当するものが多い人ほど、血液循環が悪くなっている可能性が高いです。

 

その結果、毛細血管の血液がうまく流れず、
髪の成長に必要な成分が毛根に行き渡っていない可能性があります。

 

改善するためには、下記のようなことを試してみてください。

 

  • 育毛シャンプーや育毛剤を使用する
  • 血行促進作用のある食べ物を食べる
  • ビタミンやミネラルを豊富に含んだ野菜を摂取する
  • フルーツを摂取する
  • 禁煙する
  • 定期的な運動を心がける

 

上記対策を行っていけば、髪質の変化が徐々に生まれてくることが期待できます。

 

セルフチェックでストレスの影響があるか判別!

まずは、下記の質問に当てはまるかチェックしてみてください。

 

  • 悩みやすい性格
  • 人間関係が苦手
  • 苦手なことが多い
  • 仕事を家に持ち帰ってしまう

 

当てはまる人は、とてもストレスをためやすい性格の持ち主です。
そして、それが頭皮に悪影響を与えている可能性があります。

 

ストレスと薄毛の因果関係は、毛細血管が収縮しやすいということです。
あまりストレスを感じない人は、交感神経と副交感神経と呼ばれる2つの神経が
うまく連動しているので、血液循環がよくなっています。

 

しかし、ストレスをためやすい人ほど交感神経が優位になり、
リラックス作用が生まれず副交感神経が働きません。
その結果、血液を押し出す力が弱くなり、体の細部に該当する
毛細血管までうまく血流が維持されないことになります。

 

最終的にその影響が毛根に出て、髪が抜け落ちたり、細くなるという現象を生み出します。

 

改善するには、下記のようなことを試してみるのが得策です。

 

  • ストレスを溜め込まないように趣味に没頭する
  • 音楽や映画を見て脳の副交感神経を働かせる
  • 睡眠をたくさんとって副交感神経を働かせる
  • 生活環境を変える(転職や引越しなど)
  • 相談できる相手を探す
  • メンタルトレーニングを行う

 

上記を実践して精神面の改善をすることが、一番の治療になります。

 

セルフチェックで男性ホルモンの影響がある人

まずは、下記質問に該当するかチェックしてみてください。

 

  • 体毛が濃い
  • 性欲が強い
  • 髪の毛が太い
  • 毛量が多い
  • 父親など親族に薄毛の人がいる

 

該当するものが多い人ほど、男性ホルモンの作用が強いことが考えられます。
これは体質的なものもあるので、何か改善策があるというわけではありません。

 

唯一あげられるとすれば、

 

  • DHTを抑制する成分を摂取する

 

「男性ホルモンが強い=ハゲ」というわけではなく、
男性ホルモンが強い人は、男性ホルモンと還元酵素の結びつきやすい体質というだけです。

 

それを阻止するには、DHT抑制作用のある成分を服用し、
できるだけ男性ホルモンと還元酵素が結合しないような状況を作り出しておくことがポイントです。

 

有名な対策アイテムと言えば、フィナステリドがあげられます。

 

セルフチェックで頭皮に影響がある人

まずは下記質問に該当するかチェックしてみてください。

 

  • フケ体質だ
  • 髪がベタベタする
  • リンスを頭皮につけてしまいがち
  • 頭皮がよくかゆくなることがある

 

該当するものが多い人ほど、頭皮環境が清潔に保たれていない可能性が高いです。
頭皮が清潔になっていないと、皮脂が酸化して毛穴までその成分が侵入してきてしまいます。

 

その結果、抜け毛が増えたり、発毛時の障害物となって、髪の毛がうまく育たなくなります。

 

改善するには、下記のようなことを実践してみてください。

 

  • 育毛シャンプーで頭皮を清潔にする
  • 長時間帽子をかぶらない
  • 紫外線をできるだけ避ける
  • 汚れた手で頭皮を触らない

 

毎日意識して生活すれば、それだけで頭皮状態が改善していきます。

 

ただ、シャンプーは人によって合う合わないがあります。
痛みが出たり、フケが出るような場合は、すぐに違うものに変えてください。